相談はいいけど、「決める」のはあなたですよ?

今日は悩み相談について。

立場上、色々なご相談を受けるのです。それこそ、就職やら恋愛やら進路やら人間関係にまつわるものまで。そんな悩みを話していただき、僕としてはとてもありがたい気持ちなんです。悩みなんて信頼関係がなければなかなか話しにくいものなので。僕でよければどしどしご相談ください!
メールやTwitterなんかでもお気軽にどうぞ~。

 

人に相談できるのはいいこと

何事も人に相談できるっていうのは本当にいいことです。悩んで精神が参ってしまっては、その後の復活までに時間がかかります。「誰かに話したい!」と思ったら、どんどん話すことをおすすめします。
職場にせよ、家庭にせよ「相談しにくい」という場所にいるのであれば、相談しやすい場所を見つけてみてください。意外とみんな聞いてくれますよ。悩みが晴れれば、他の人の悩み相談を聞いてあげてください。それだけでお返しになります。

 

相談しても決めるのはあなたです

さてさてこれからが本題。
色んな人に相談するのはいいことですが、次の一手を決めるのは他でもない「あなた」であるということは忘れないでください。次どうするかを決めるための材料探しのお手伝いまではできますが、その後どうするかは自分で判断しないと後悔します。「どうしていいかわからないから、次どうすればいいか決めてくれ!」なんてのは、自分の人生の選択権を他人に譲っているようなもの。自分で決めて行動した結果、例え失敗したりくじけても、そこには学びが残ります。他人の指示通りに決めて、行動して成功しても、その後似たような状況が出てくると、また決めきれない状態になります。

 

自分のことは自分で決める人生を

生活していると実は毎日選択の連続です。今日着る服、ランチに何を食べるか、どこに出かけるか、誰と話すか…etc。日々の小さいことは決められるのですから、人生を変えるような大きな選択こそ、自分で思いっきり決めましょう!「自分で決めて動く」を意識すると、イキイキと楽しい日々が待ってますよ。

 

決める――すべてを一瞬で判断できるシンプルな技法
スティーブ・マクラッチー
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 212,083

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。