20代で年収アップなら、転職したほうがてっとり早い3つの理由

どうも、元転職アドバイザーのはっしぃ(@hassi1222)です。

この記事は20代で、年収アップのために転職を考えている人に向けて書いています。

この記事を読んでいる多くの人が

年収アップさせたい!!!

と思っているのではないでしょうか?

なかには、転職で年収が下がるくらいなら、今いる企業に残り続けるという選択をする人も多いかと。

しかし、20代の転職って実は年収アップさせやすいんです。

今日は、なぜ20代の転職が年収アップさせやすいか理由を3つ書きます。

ぜひ参考にしてみてください。

※ちなみに僕自身、20代で3社経験し、いずれの転職でも年収アップしました!

会社(特に大企業)に居続けても、昇給は緩やか

特に昔ながらの企業にいると、給料ってそんなに増えないんです。

もちろん、会社にいることで徐々にですがアップしていきます。

それでも年単位で少しづつ上がって行く程度。

即効性があるわけではないです。

それなら、1〜2ヶ月の転職活動で、年収アップさせる方が早いっちゃ早い

もし、業務内容や職場環境より、今の年収をアップさせることがあなたの第一希望なら、転職の情報収集を始めた方がいいですよ。

 

人口減=企業は労働力を求めている

現在、日本は人口減少がどんどん進んでいます。

2020年にはオリンピックもあるし、企業は労働力が足りないと困っています。

そのため、転職活動をするには絶好のチャンス。

今なら年収や条件面の交渉もしやすい環境でしょう。

 

特に20代は長く続けてくれると採用されやすい

労働力が足りないからといって、定年間際の人は雇用しないですよね。

企業としては「長く」働いてくれる人を求めています。

そのため、今後働く年数が長い20代を優先的に雇用しようと考えます。

結果的に、現在20代の転職は採用もされやすいし、交渉もしやすい環境

もちろん、何もスキルがないと転職はできません。

・営業経験
・プログラミング経験
・グラフィックやWebデザイン

などが特に人手が足りていないため、若い方はこのあたりのスキルを身につけておけば、より年収アップしやすいです。

 

年収アップの交渉は転職エージェントに任せよう

働きながら自分で転職先を探して、書類提出や面接をこなし、さらに年収アップの交渉をするとなると、大きな労力になります。

そのため、年収アップを念頭に置いた転職なら、「リクナビNEXT」をはじめとしたサイトで、自分で探すより、転職エージェントを利用しましょう。

一番のおすすすめは「リクルートエージェント」。

全国各地に支社があるため、どのエリアで探しても求人数が豊富。

また、年収や条件面の交渉もエージェントが代わりにやってくれるので安心です。

会社として、年収アップ実績が多いため、

・経験が浅い20代
・年収アップさせたい

という人にはうってつけですね。

20代で年収アップさせたいなら、居続けるよりも転職したほうが早いです。

まずは情報集めから動いてみてくださいね。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

【経験談】「仕事がきつい…」と感じたらやってほしい、おすすめ対処法5選

就職&転職活動で、絶対に応募してはいけない求人の傾向まとめ

円満退社でその後の関係が変わる!オススメしたい上手な会社の辞め方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。