悪口を言わないだけで、あなたの信頼度は確実にアップする

「●●って実はこうだよね〜」
「表向きは付き合うけど、実は嫌い」

あなたの周りに悪口や陰口ばかりでしか盛り上がらない人は多くいませんか?

どうも、福岡でブロガーやっているはっしぃ(@hassi1222)です。

様々な関係で、飲み会に呼ばれることも多く、その分たくさんの人に会っています。

中には終始「人の悪口だけで盛り上がる人」と会ってしまうことも。

もちろん、自分自身も気づけば陰で人のことをあーだこーだ言ってしまうこともあるので、

自戒を込めて今日は「悪口」について書いてみます。

sponsored link



 

悪口は循環する

悪口や陰口って循環するんです。

【Aさん→Bさん】
Aさん:「この前あいつに●●って言われた、めっちゃむかつくー!
Bさん:「…いや〜ずっとこの愚痴聞くのしんどいわ。おもんない」

【Bさん→Cさん】
Bさん:「この前Aとご飯行ったんやけど、全然おもんなかったわ!話つまらんし!」
Cさん:「…いや〜愚痴聞くのしんどいな。。。この時間もったいない」

てな感じになるのです。

そして小さいグループやコミュニティなら、その負の連鎖が必ず自分に舞い戻ってきます。

ストレスがストレスを生み、さらに人に移っていく

悪口や陰口はとっても怖いものですね。

対処法①自分自身は陰口や悪口を言わない

さて、その負の連鎖を食い止めるために、まずは「自分が他人のことを言わない」ことです。

そうすることで、連鎖自体を止めることができます。

しかし、みんながネガティブなことを言っている環境で、自分だけ踏ん張るのは想像よりもしんどいこと。

これができるようになる工夫をもう一個、紹介します。

対処法②居心地のいい人と一緒に過ごそう

そもそも、マイナスなことが発生しないような人と過ごすのが一番です。

これは最近心がけていますが、「悪口や陰口で盛り上がる人がいるところには行かない」です。

貴重な時間をネガティブやイライラ気分になるために使うのはもったいない。

だったら、より元気をくれそうな人やポジティブな人、話していて学びや刺激になる人と過ごす方が良い。

自分自身にとってもいいですし、次に他の人に会うときも、ポジティブな話ができ、相手にも元気を与えることができます。

時間は限られた有限のものなので、できるだけ楽しく、元気に、ポジティブに過ごしたくありませんか?

悪口や陰口を言わないあなたは、信頼される度合いが違う

上記のように、ポジティブで、未来の話をする人は必ずと言っていいほど「また会いましょう」と言われます。

それは信頼されている証なんですよね。

愚痴や悪口が多い人は、残念ながらこうはなりません。

誘われないどころか、自分から誘っても断られることが多くなります。

自分では会いたいって思っていても、会えないって残念ですね。

これを払拭するには、

①悪口を言わない
②悪口が出るような環境で過ごさない

です。

僕はもちろん、これを読んだあなたの悪口が減り、周りの人をもっとハッピーに、もっとポジティブにできるような人間になれることを祈ります。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

人は他人にされたことを他人にする…これを覚えておくだけであなたは優しくなれる

やるべきか、やらないべきか…行動で迷った時に大事にしたい、たった2つの指針

ヨーロッパで自分探しのひとり旅をしたけど、自分は見つからなかった話

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。