大手企業を辞めて、転職アドバイザーになった3つの理由

どうも、新卒入社した会社をたった1年半で辞めてしまったはっしぃ(@hassi1222)です。

 

その後、大手企業で制作ディレクターをやっていたのですが、それもたった2年半ほどで辞めてしまいました。

今日は大手企業をなぜ辞めたか、そして次になぜ転職アドバイザーを職として選んだかを書いておきます。

詳しいプロフィールが見たい方はこちらをどうぞ。

 

sponsored link



 

制作をルーティンに感じてしまった

僕が扱っていたのは、毎月発行される月刊誌。

入社当初は初めてのことばかりで、刺激に溢れる毎日でした。

しかし、1年も経つと、大企業のいいところだけでなく、悪いところも見えるように。

 

さらに月日が経つと、毎月の制作作業がとてもルーティンに感じてしまったのです。

作業に感じてしまうと、自分自身のクリエイティブ力も向上しなくなり…

はっしぃ
俺、クリエイティブ向いていないかも

と勝手に否定的に思うように。

向いていても向いていなくても、楽しく仕事ができればいいのですが、おそらく当時の僕の退職のための言い訳でしょう。

次の仕事は、自分の好きや得意を活かして、働きたいなと思って、サクッと転職活動をスタートさせました。

過去の自分や周囲の人が仕事に悩んでいた

はっしぃ
次の仕事は何にしよう。。。

そう悩んで、過去の仕事選びや自分が喜びに感じることを何日も何日も考えていました。

そこで気付いたのが、2点。

自分自身仕事に悩みすぎ
自分の周囲も仕事に悩みすぎ

20代で3社目に突入するって、わりと仕事や働き方に悩んできたなと。笑

同じように大学卒業した人はまだ転職すらしていないのに、僕はすでに転職マスターみたいになっていました。

単に飽きやすいって性分もあるでしょうが、自分のやりたいこと・働き方を追い求めて進んできたのは確か。

また、自分だけでなく近しい人も皆これまで仕事に悩んで、辞める人が多かったんです。

好きなことを仕事にしたい!お金稼ぐためだけの仕事はやりたくない!

周りの人が悩む度に相談を受けたり、一緒に次やることを考えたりしていました。

はっしぃ
自分のことも他人のことも、仕事で悩んだのはいい経験になるのでは?

と思い、「仕事」や「働く」に関する職種に興味を持ち始めました。

得意を活かしたかった

同僚
はっしぃは人の話聞いたり、気持ちに寄り添うのうまいよね

これまで一緒に働いてきた人から何度も言われてきた言葉です。

自分では全く意識していなかったですが、どうやら面倒見がよく、聞き上手らしい。

結果、制作ディレクター時代には教育係やメンターみたいな仕事を自然と任せられるように。

はっしぃ
この「人の話を聞く」という得意分野を、仕事に活かせないか

そう思い、転職活動を進め始めました。

「働く」×「人の話を聞く」=転職アドバイザーに

自分の経験したことと、好き(得意)なことを掛け合わせると、出てくる答えは多くありませんでした。

自然と

はっしぃ
あ、キャリアカウンセラー系じゃん

って答えは舞い降りてきました。

しかも、人材のお仕事は大変というイメージが強いからか、求人は山ほどありました。

そのため、いくつか内定を得ることができました。

中でも「目の前の利益より、転職者のハッピーが第一!」という理念を強く感じた企業に入社するに至りました。

仕事とやりたいことで悩まない人はいない

まとめです。

これまで生きてきて思いますが、仕事と自分のやりたいことの乖離で悩まない人って、ほとんどいません。

みんな悩んでいます。

しかし、これまでの経験とあなたの得意を掛け合わせると、よりマッチした仕事が見つかるはずです。

それは企業に入るでも、フリーランスでやるのも特に決まりはありません。

今はもう辞めてしまいましたが、以前はこのように転職相談に乗りまくってたし、実際にお仕事にしてみました。

もし、悩みがあって誰にも言えないという人はこちらからどうぞ。

匿名で質問できるので、気軽にできますよ。

今日は僕が転職アドバイザーになったきっかけと理由でした。

それでは!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

【経験談】「仕事がきつい…」と感じたらやってほしい、おすすめ対処法5選

就活で失敗したらどうなる?60社受けても内定が取れなかった僕の末路

「この人・この会社と合わない」そう思ったら迷わず逃げる。誰と過ごすかを大事にしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。