結婚式場見学・ブライダルフェアって何件行くべき?

どうも、元ブライダル雑誌編集のはっしぃ(@hassi1222)です。

先日、

友人
ちょっと試しに式場見学行ったら、もうそこで決めちゃったんだよねー
はっしぃ
ま、まじか。。。
友人
え、他も見たほうが良かった?
はっしぃ
そ、そうだね。。。

という会話がありました。

そう、よく聞かれるのは「みんなはブライダルフェアって何件回ってるの?」という質問。

今日はそれについて答えていきましょう。

 

sponsored link



 

ウエディング情報サイトではキャンペーンを実施中!

ほとんどのブライダル情報サイトでは式場の見学予約で数千〜数万円のギフト券などがもらえるキャンペーンを実施中!

式場見学やブライダルフェアの予約前に、公式サイトを必ず一度チェックした方がいいですよ。

ゼクシィのキャンペーン情報はこちら(⇨抽選でJCBギフト券)
ハナユメのキャンペーン情報はこちら(⇨最大3万円以上分のギフト券)
楽天ウェディングのキャンペーン情報はこちら(⇨最大15,000円分の楽天ポイント)

 

ブライダルフェアは最低でも2件は参加しよう

ブライダルフェアですが、実は一度行くと3時間ほど拘束されます

しかも、ほぼず〜っと営業を受けることになるので、体力的にも厳しいです。

なので、5件も6件も行く必要はないというのがはっしぃの考え

しかし、1件で終わらせるのはとてももったいない!

せめて2件は回るようにしましょう。

 

複数回ると見積もりの比較ができる

そう一件目の式場は…

式場の方
一件目の見学ですか?今なら一件目来館特典で●●万円引きプレゼントしてますよ!

と囲いこみしようとします。

それは「他の式場に回られて決められるのを防ぐ」ため。

しかし、その●●万円引きされた見積もりが安いのか高いのか、その時点ではわかりません

だって、基準はないのですから。

あるのは、その式場が作った通常料金と割引後の見積もりのみ。

いくらでも高く見せたり、安く見せることは可能です。

必要なのは、他の式場との見積もり比較。

まずは二件回って、同日・同人数で見積もりを出してもらい、比較しましょう。

 

その場で決めない。必ず持ち帰って考える時間を

二件以上見学した方がいいのですが、その中で気をつけたいことは「その場で決めない」こと。

式場の誰もが、その場で即決してくれることを願って、一生懸命営業してきます。

2〜3時間も拘束され、最後に見積もり交渉・営業交渉をされると、どうしても「今決めた方がお得なのか…」と考えてしまいます。

しかし、そんなことはありません。

結局はその見積もりからちょっとずつ値上がりして、適正価格まで引きあがるのですから。

なので、いくら安く提示されても、

・この雰囲気の会場でいいのか
・料理にゲストは満足してくれるだろうか
・会場の広さは十分か

を家に帰って、奥さん、もしくは親族と話して検討するようにしてください。

安さを求めるあまり即決して後悔するのと、納得した上で結婚式を挙げるのは、心持ちが全く違います。

ぜひ後者になるべく、一度見積もりを持ち帰る勇気を持ちましょう。

 

まとめ-見学は二件以上、見積もりは持ち帰る-

一件目に行って、「今なら●●万円引き!しかも日程は埋まりやすいです」という謳い文句にハマってはいけません。

・他の式場も見学し、必ず見積もり比較する
・会場の雰囲気、広さ、接客は十分か考慮する
・その場で決定せず、家族で話し合う

のステップを踏むことが大切です。

一度決めると多額の手付金(もちろん、その後返ってこない)を払うことになります。

後悔しないためにも、複数の結婚式場を見て、納得のいく場所に決めてくださいね。

また、見学予約は「Hanayume(ハナユメ)」がおすすめ。

今なら、予約・見学するだけで最大3万円以上分の商品券がもらえるキャンペーンも。

結婚式に備えて、少しでもお得なキャンペーンを利用しましょう。

⇨Hanayume(ハナユメ)公式サイトへ 

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

結婚式場の見学予約・ブライダルフェア予約に利用したいおすすめサイト5選

お急ぎ婚がお得に!Hanayume(ハナユメ※旧すぐ婚navi)が特典も多くて、おすすめ

格安で結婚式を!少しでも費用を安く抑える5つの方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。