ブログで書くネタがなくなった人が取るべき3つの方法

はっしぃ
ほっこりブロガーのはっしぃ(@hassi1222)です

最近「ブログを始めてみたものの、書くネタがなくなった…」とお困りの人がいました。

ブログ始めたての人によくある「ネタ切れ」というやつですな。

そんな壁にぶち当たった時、世のブロガーたちはどうやってネタを生み出すのだろう?

僕自身、あまりネタが切れることはないのですが、この「あったか橋」の前に作ったブログではしょっちゅうネタ切れしていました。

そんな過去の経験から、今日は僕がネタ切れ状態に陥った時に実践している3つの方法をご紹介します。

sponsored link

①まとめ記事にしてみる

僕みたいなグルメブロガーだと、「まとめ記事」は有効です。

一つ一つを読んでもあまり面白くない記事でも、まとめてしまったら読み応えのある記事になります。

例えば、僕のこの記事なんて、個別だと単なるお店紹介ですが、まとめてみると、SEO的にも優位になりました。

関連記事:【500円以下!】ワンコインでランチできる福岡・天神の格安お店まとめ

グルメ以外にも、本やグッズの紹介もまとめることができそうだし、人気記事もテーマを決めてまとめてみると、読み応えのある記事の一つになります。

これまで書いた記事をひとつにして紹介できないか考えてみるといいでしょう。

②自分が検索したワードで記事を書く

皆さんは一日どれくらいスマホで検索をかけますか?

答えは人によって違いますが、結構な頻度で検索機能使っている人が多いかと。

もちろん、自分以外の他人も、同じようにも一日に何回も検索しています。

そこで、「自分が検索したワード」で解決したことを記事化してみましょう!

例えば僕なら飲みに行ったり、幹事することが多いので、「博多 居酒屋 美味しい」などでよく検索しちゃいます。

はっしぃ
あ、これ自分以外の人も検索してそうやな

と思ったので、こんな記事を作ってみました。

関連記事:居酒屋探しなら!グルメライターおすすめの福岡・天神&博多の美味しいお店10選

自分が検索するワードは必ずと言っていいほど、他の人も使用しています。

自分が検索したワードで、解決できた事項があれば、それを記事化すると、検索もされるし、読者の役にも立ちますよ。

③人の悩みを聞いて記事にする

②と同様に、友人や知り合いからされる相談なんかも、内容次第ですが、同じことで困っている人が全国にいます。

最近では「新入社員が電話●本すぐに取れ」と言われて悩んでいた人の話を聞きました。

そんなことを記事にしたのがこちら。

関連記事:それ必要?会社の電話をワンコール以内で出なければいけない不思議

人の悩みって、その場でアドバイスして解決に導くこともそうですが、ブログで拡散することで、同じ悩みを持つより多くの人を手助けすることにもつながります。

ブログすげー!

何気ない相談やおしゃべりもすぐに記事化できるので、人と話してみるのは大切なことです。

まとめ-書くネタは身近なところにある-

「ネタを探す!」と頑張ろうとしてしまうと、ブログが長続きしません。

普段過ごしている何気ない日常にヒントはあるものです。

①まとめ記事を書く
②自分が検索したワードで記事を書く
③人の悩みを聞いて記事にする

この3つを念頭に置いて、ブログのネタ探しをしてみると、そこまで力を入れずに、自分にとって書きやすいネタがすぐに見つかりますよー!

関連記事

 

 

関連書籍

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。