【中洲】「ちんや」のすき焼きは、必食のメニューだった

どうもはっしぃです。

先日結婚記念日ということもあり、美味しいお肉を食べに行こうということに。

1年前は焼肉だったため、今年は「すき焼き」に。

すき焼きといえば「ちんや」が有名だけど、ランチしか行ったことないな〜となったので、いざディナータイムに出陣!

 

sponsored link

「中洲ちんや」とは?

中洲ちんやは1階にお肉屋さん&鉄板焼きメインのレストラン、2階ですき焼きが食べられる老舗の名店。

1階で売られているお肉も100g2000円とか、破格なのです。

そんな高級なお肉を使った料理がランチやディナーで食べられるのです!

※ちなみにコスパを重視するならランチがおすすめ。1000円程度で焼肉定食などが食べられます。

 

すき焼きは2つのコースから選択可能

卓上にメニューなどは一切なし。

4300円か5400円のどちらのすき焼きにしましょう?」と聞かれるだけです。

ちなみにしゃぶしゃぶも同料金であるようなので、どちらを頼むかはお好みで。

今回は4300円のすき焼きにしてみました。

 

お肉は豪華な糸島産サーロイン!

お肉は糸島産牛肉をスライスしたもの。サシの入り方がもう美味しそうですね。

一枚一枚大きくて食べ応えがあります。

ちんやは焼きながら味付けをその場でしていくスタイル。

女将さん風の方が、手際よく目の前で作ってくれるので、安心です。

先に運ばれてきた卵も、黄身が濃ゆめの特上品。

スーパーに出回っている卵の価格の3~4倍の価値があるそうな。

 

味付けは宮島醤油と砂糖のみ!

さて、実際に調理がスタート!

底が浅めの鍋で女将さんが焼いていきます。

ジュージューお肉が焼けるのを見ると、もうヨダレものです。

味付けはシンプルに広島の宮島醤油と大量の砂糖。

これだけで甘みを生み出します。

まずはお肉を焼き、次に火の通りにくい野菜を投入。

この辺りで一度食べることができます。

お肉を卵にたっぷり絡めて食べましょう。

特に最初のお肉の美味さに驚愕。

口の中でとろける柔らかさ。肉の旨みと、味付けで生まれた甘みがベストマッチ。。。これはハマる!

しばらくすると、白菜や春菊などの野菜も投入し、完成〜。

お肉だけじゃなく、野菜も新鮮で甘みがたっぷり。

これ、なんで今まで来なかったのだろうとちょっぴり後悔のレベルです。

ご飯も欲しくなりますが、なくても十分満足できる量でした。

 

福岡に来たら足を運んで欲しい一軒

これまでお昼は何度かお邪魔した中洲ちんやですが、夜にもぜひ足を運んで欲しいです。

すき焼きは一人前4300円〜と敬遠していましたが、行く価値ありですね。

なんならお肉屋さんで自宅用に買って帰りたくなるレベルでした。

記念日などに行ってみてくださいな。

・店名:ちんや
・TEL:092-291-5560
・営業時間:レストラン(1F)11:30~14:00/17:00~22:00(L.O.21:30)、御座敷(2F・3F・4F)11:00~23:00(L.O.22:15)
・食べログ:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40000129/

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

ジャンル別!福岡グルメブロガーが厳選するおすすめの美味しいお店まとめ

刺身から焼物まで魚介がうまい!天神&博多で接待でも使えるお店まとめ

超高級肉が福岡で一番安い!と謳う「ニクゼン」に行ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。