フリーランスなって、「同期」って響きがいいなぁと思った話

どうも、はっしぃ(@hassi1222)です。

サラリーマンとして3社を経験したけど、実はこれまで同期がいたことがありません。

・1社目→新卒僕だけ
・2社目→1人いたけど、2週間でドロップアウト
・3社目→0人

こんな環境で社会人を辿ったからか、ブログにもこんな記事を書いたり。

しかし、フリーランスになって初めて「同期」って言われたんです!衝撃!!

 

sponsored link

言ってくれたのは、高知のフリーランス・なっつみー

初めて言ってくれたのは、今は高知の嶺北でフリーランスをしているなっつみー(ナガシマナツミさん)です。

確かに同じようなタイミングで会社辞めて独立したんだなぁ。

なっつみーも僕と同様にライター業しているので、独立時の単価の安さとか仕事が来なかった場合の恐怖、仕事が来た時の喜びとか、おそらく感じているのかな。(※本人にはこんな話し聞いたことない。笑)

フリーランスになって「同期」ができるなんて予想もしなかった!!!

 

ブロガー同期・暇モアイ

このブログでもよく登場する暇モアイも同期です。

おそらく同じ時期にブログを始めたので、なんだかよく話します。

ブロガーをやっていたんですが、いつの間にかライター業が主軸になっています。1年間で本業にするとはすごい。。。

先日カフェで一緒に作業しながら話した「働くことの価値観」みたいなんが記事になっています。

こんな話ができるのも、同期なんだからではないかなぁと。

 

同期の良さとは?

同期のメリットってなんだろうと思ったら、年齢の近さだけでなく、「目線の近さ」だと思っています。

似たような状況や似たような苦労が、似たようなタイミングでやってくる。

結果「わかるー!」が自然と会話の中で多くなるんです。

それだけで「あ、なんだか安心」「自分だけじゃなかった!」ってなるし、なんなら解決法をお互い教えあったりもできる。

同期が結果出していたら、僕も負けずに頑張ろうと思える。

今さら感じたけど、同期がいない良さもあるけど、同期がいるよさもあるんだなぁ。サラリーマン時代に同期がいたらどうなっていたんだろう。。。まだ1社目にいたかもね。

そんな環境の良さを思い知ったり、物思いにふけった30歳の夜でした。

僕の同期すごいっすよ。ふたりのブログやTwitterチェックしてね!

>>なっつみーのブログ「なつみずむ」

>>暇モアイのブログ「暇モアイ」

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

落ち込んだ時におすすめ!読んだらほっこり&すっきりする5冊の本

フリーランスになって半年が経ったようなので、感想を書いておく

20代で中小企業から転職してわかった大手企業のメリット・デメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。