転職エージェント経由で内定ゲット!内定辞退の方法や断り方

どうも、元転職アドバイザーのはっしぃです。

先日、このような質問をいただきました。

転職エージェント経由で受けた会社で内定をもらったんですけど、辞退ってできるんですか?

事情を聞くと、複数社から内定をもらってお断りをしたいのだとか。

今日は、上記の人と同じように、

転職エージェントを使ったことがない
転職エージェントで得た内定を断りたい

と悩む人に向けて記事を書きます。

お役立ていただけると幸いです。

sponsored link



 

転職エージェントで得た内定は「断っていい」

結論から言うと、転職エージェント経由で得た内定は「断っていい」です。

断り先は、応募した企業でなく、エージェントに伝えます。

エージェントから企業へあなたの代わりにお断りしてもらえるので、精神的な負担はまだ軽いかと。

しかし、やはり「入社します!」と言っておいて、突然内定辞退をすると、エージェントの方への印象も悪くなってしまいます。

内定辞退する場合は、下記4つの点を意識しておきましょう。

 

その1.常に進捗の報告をしておく

複数のエージェントを使っていれば別ですが、一つのエージェントを使っている場合は、自分自身で受けている企業の数や進捗も合わせて報告しておきましょう。

「次は最終面接」、「内定が出た」等、こまめに連絡を取っておくことで、エージェントの方も突然の内定辞退に戸惑わなくて済みます。

また、進捗をお知らせすることでエージェントに「まめに連絡ができる人」というポジティブな印象を与えることにも。

せっかくの出会いなので、お互い信頼関係を構築しながら、転職活動を進めましょう。

 

その2.内定辞退が決まったら、早めに伝える

転職エージェント経由以外の企業に行くことを決意したら、早めにお知らせしましょう。

もしかしたら、エージェントは次の面接の日程調整をしていたり、あなたの年収の交渉をしているかもしれません。

せっかく調整や交渉をしていても、あなた自身に行く気持ちがないのであれば、その時間がもったいない!

お断りしても、エージェントはあなたを怒鳴りつけたりしないので安心してください。

 

その3.理由は隠さず、正直に話す

断り方は対面・電話・メールいずれでも可能です。

しかし、そこで話す理由は特に隠すことはありません。

正直に

・自分で受けていた企業に内定をもらった
・転職自体をやめた
・面接でしたけど、雰囲気が違った
・条件面が希望と異なる

と伝えるようにしましょう。

断りポイントがわかることで、エージェントもあなたのことをより深く理解できます。

結果的に、よりマッチした求人の紹介が可能に

自分自身の振り返りになるにはもちろん、エージェントにあなたの希望や特性を理解してもらう絶好の機会なのです。

 

その4.今後もお世話になるかも!お礼はしっかりと

もし、他社で内定をもらって転職活動を終える場合、しっかりお礼を伝えるようにしましょう。

もしかしたら入社して、あなたとマッチせずにすぐに辞めてしまう可能性もゼロではありません。

その場合、また転職活動でお世話になる可能性も。。。

今後また出会う可能性がある転職エージェントさんです、これまでサポートしてくれたお礼はしっかり伝えましょう。

すぐではなくても、5年後・10年後またお世話になることもあるかもしれませんよ。

 

まとめ-内定辞退する時は誠意を持って

まとめです。

・転職エージェント経由で得た内定は断ってもいい
・伝えるのは応募企業でなく、エージェントへ
・転職活動中は進捗報告を行う
・内定自体は早めに伝える
・辞退する理由は明確に
・感謝の気持ちも伝えて良好な関係を

おそらくこの記事を読んでいる方は、複数内定をもらって、転職エージェントにどう断ろうと悩んでいる方々。

今後、内定先で新たなお仕事が始まるかと思います。

心身ともに健康で頑張ってください!

最後までお読みいただいてありがとうございました。

それでは!

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

転職活動がうまくいかない人は、派遣から正社員になるのもおすすめ

円満退社でその後の関係が変わる!オススメしたい上手な会社の辞め方

【経験談】「仕事がきつい…」と感じたらやってほしい、おすすめ対処法5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。