「何をするにも人の目が気になる…」。大丈夫、あなただけじゃないよ

どうも、はっしぃ(@hassi1222)です。

僕はこれまで2回の転職、そして独立をしてきました。

人生でそう多くないと言われる転職を20代で2回もしちゃい、3社も巡りました。

 

割と短い期間で転々としていたので、転職の際は…

「世間にどう見られているんだろう…」

と、不安になりました。

何かにチャレンジしようとしている
やってみたいことがあるけど、勇気が出ない

過去の僕と同じように、そんな不安を抱えている人も多いのではないのでしょうか。

でも大丈夫、ほとんどの人が他人の目を気にしてますから。あなただけじゃない。

sponsored link



 

8割以上が他人の目を気にしている

先日、Twitter上でアンケートを取った結果です。

こう見ると、8割以上の人が何かを始めたり、チャレンジする際に、どうしても人の目を気にしてしまうとのこと。

もっと「人の目を全く気にしない」人が多いと思っていたのですが、予想が外れてしまいました。

「あの人、自分の道進んでいるな〜」と思う人も、人の目を気にしたり、気にしてるけどしていないフリをしているのかもしれませんね。

他人の目を気にしてもいい。ただチャレンジはしよう

この結果を見て、おそらく2つのパターンに分かれると感じました。

・人の目がブレーキになり、チャレンジをやめる
・人の目を気にするものの、チャレンジをする

これまで生きてきた体感ですが、圧倒的に前者が多いと思います。

僕は比較的「自分がそう思うなら、やってみればいいじゃん」と言っちゃう奴なんですが、実際にチャレンジしたり、物事をスタートさせる人は少ないです。

理由を聞くと「人から辞めたほうがいいと言われたから」という回答が多いですね。

アドバイスした側からすると、とても残念。

せっかく心に芽生えたチャレンジ心。

小さくてもいいから、まずはやってみて、違うなと思えば、方向転換すればいいのになぁといつも思います。

チャレンジすると応援してくれる人はきっといる

何かにチャレンジしようとすると、反対する人は必ずいます。

僕も転職する際は、何度か止められたことがあります。

友達でもなんでもないけど、「20代の転職は危険!」と謎のことを言われました。

何が危険なのかさっぱりわからなかったですね。。。

しかし、逆に応援してくれる人も必ずいます。

むしろ、そちらの方に目を向けたほうが人生ポジティブに生きることができますよ。

人の目は気にしていい。

しかし大事なのは、応援してくれる人の目を大切にすること。

このアンケートをやってみて感じたことでした。

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

僕はあなたのチャレンジを応援していますよ。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

やったことないことのチャレンジをみんなですると、人間関係が深まる

「この人・この会社と合わない」そう思ったら迷わず逃げる。誰と過ごすかを大事にしよう

【経験談】「仕事がきつい…」と感じたらやってほしい、おすすめ対処法5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。