ギブ&テイクで信頼関係を!と言っている人は、テイクを求めすぎ

「人間関係の基本はギブ&テイクだ!」

似たような言葉をこれまで耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか?

どうも、はっしぃ(@hassi1222)です。

僕も最近まで「ギブ&テイク」が大切だ!と思い、何か自分にとってプラスになるようなことをされたら、相手にも何かできないかな〜と考えていました。

しかし、まだ信頼関係もできていないのに「ギブ&テイク」を強要する人に時々出くわすようになり、

はっしぃ
あれ、これなんか違うな。。。

と思うように。

今日はこの「ギブ&テイク」について考えてみます。

sponsored link



 

ギブする人は、テイクを期待しないほうがいい

そもそもの話ですが、ギブする人は、テイクを期待しないほうが心の平穏が保てます。

これ、以前の僕は期待してしまっていましたね〜。愚か!

「自分が●●やったら、見返りに相手も何かしてくれるかな!」といった謎の期待感を持ってしまう人がちらほらいるんですね。

何と、下心が見え見えか。笑

そんな人に対して、僕は「え、何か利用しようとしている?」とつい穿った見方をしてしまいます。

ギブされる側がお返しの期待に気付いてしまったら、最後。テイクがない場合があります。

その場合、ギブした側は「自分は〜〜したのに、何もされなかった」と喪失感も大きくなるもの。

いや、テイクありきで物事を進めること自体間違っているんです。

僕も以前テイクを期待しつつ、物事進めてしまっていた時期がありましたが、それでは自分が疲れるだけ。

なので、「この行動は相手のためになるだろう」と思っても、お返しなんて期待しないようにしましょう。

テイクを求めすぎる人は、他人に依存している

テイクばかりに目が行く人は、「他人が自分に満足感を与えてくれる」と無意識的に思っています。

残念ながら、他人から何かをしてもらうことで満足感を100%得られることはありません。

「お礼で連れて行かれたお店が美味しくなかった」
「お返しでもらったものが自分の好きなものじゃなかった」

このようなことは当然起こりえます。

だとしたら、他人からもらえるテイクを待つのではなく、自分で行きたいお店や買いたいものを買うべきです。

自分自身を満足させられることは100%できるので。

自分が「いい!」と思うことをしていたら、自然といいことが返ってくる

ギブ&テイクを気にしすぎるあまり、行動が打算的になり、それでフットワークが重くなる人もいます。

そんな人は、「これ、自分やったほうがいいと思うんだよなあ」と思うことを、気軽にやったらいいと思います。

されるかどうかわからないお返しなんて気にしない。

自分が自分で満足できるようなことをやっていけば、いつの間にかそれが他人のためになっていて、気付いたら巡り巡ってお返しがやってきます。

大事なのは「出発点が自分が自分で満足させられる」ってことですね。

ギブ&テイクやメリット&デメリット抜きに会える人は貴重な存在

それぞれが自分のやりたいことを知っていたりすると、別にギブ&テイクや会うメリット&デメリットを考えずに会える関係になります。

要は居心地がよくなるんですねぇ。

僕はロジーナで出会った人は大体そうなので、「なんとなく人と喋りたいなぁ…」と思ったら、すぐに会うことができます。

この前は1時間で4人集まりました。特に用事はないですが、なんたって居心地がいい。

そして会ったら会ったで、それぞれの悩みや相談が出てき、お互いアドバイスし合えたりするので、全くムダな時間にはなりません。

出会う人全員がそんな方々とは限りません。

しかし、少人数でもそんな関係があれば、あなたの人生はハッピーなはずですよ。

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

人は他人にされたことを他人にする…これを覚えておくだけであなたは優しくなれる

やるべきか、やらないべきか…行動で迷った時に大事にしたい、たった2つの指針

ヨーロッパで自分探しのひとり旅をしたけど、自分は見つからなかった話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。