【博多】東区の名店の味が博多で楽しめる!長浜ラーメンの代表店「名島亭」

どうも、グルメなはっしぃです。

先日、博多でランチ難民になってしまったので、ふらりと駅直結のJRJP博多ビルの三百歩横丁へ行ってみました。

昼から飲める居酒屋が豊富なのは知っていたのですが、一番奥に東区でも有名なラーメン店「名島亭」があるのを発見。

早速行ってみたのでレポします。

>>名島亭の店舗詳細はこちら

 

JRJP博多ビル・三百歩横丁にある名島亭

場所は博多駅の地下街から直結で行くことができるJRJP博多ビルの三百歩横丁。

途中、Shin-Shinなど飲食店が立ち並ぶKITTEの地下街を通って行くことになります。

居酒屋が多い三百歩横丁ですが、実はランチスポットとしても優秀。

福岡でも有名な居酒屋「しらすくじら」も、博多バスターミナル同様に500円ランチを実施していたり、他店舗も1000円以内でサクッと食べられるメニューを豊富に用意しています。

そんな三百歩横丁の一番奥にあるのが、東区にある名店「名島亭」です。

 

名島亭のランチメニュー

名島亭のランチではラーメンに加え、ごはん・餃子・おでん・半チャーハンが付けられる定食がお得。

ちなみに定食のご飯は、白ごはん・明太ごはん・梅ごはんからセレクト可能。

僕の周囲に座っている人は大体が「明太ごはん」をチョイスしていました。

さすが博多。

ちなみに、お店の中央部分には、辛子高菜や辛もやし、紅生姜が置かれています。

ご飯やラーメンに合わせて、食べ放題できるのでセルフで取りましょう。

ご飯もおかわり自由なのが嬉しいですね。

 

名島亭のラーメン

オーダー後、5分もしないうちにラーメンが登場。

トッピングは厚みのあるチャーシューにきくらげ、ねぎの3拍子。

まずはスープからいただきましたが、サーブされた瞬間に鼻に漂ってくる豚骨臭とは裏腹に、飲み口は驚くほどスッキリ。

つい、何度も口に運んでしまいそうになる印象的なスープです。

スープによく絡む麺も、長浜らしい極細ストレートタイプ。

軽快な喉越しに、替え玉しちゃいそうになりますね。

ただ、定食ならば、このようにご飯が付いてきます。

ピリッと辛みのある明太ごはんもラーメンによく合います。

白ごはんにして、辛子高菜と合わせるのも◎。

 

博多・三百歩横丁の名島亭は穴場!

土日は多くの人がいますが、平日ランチの時間帯でも三百歩横丁はそこまで人が多くなく、穴場ですね。

特に名島亭なんて、東区の本店に行くと観光客も多く、外で行列をなしていることもあります。

博多駅でサクッと有名店の味が楽しめるので、博多界隈でランチに困ったらぜひお試しあれ。

 

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。