事前の準備で心の余裕を!新郎が結婚式で用意しておきたい3つのドレス小物アイテム

どうも、新婚のはっしぃ(@hassi1222)です。

関連記事:より効率的に!ウエディングの式場探し前にしておくべき3つのこと

先日終えたばかりではありますが、結婚式となると、どうしても新婦のドレスや小物が注目されがちですが、意外と新郎も準備すべきことが多いです。

もちろん、いざとなればホテルや式場で貸し出してくれますが、その分価格が高かったり。

今日は僕が事前にネットで購入しておいてよかったなぁと思う、3つのアイテムをご紹介!

中にはレンタルと比べて、1/2ほど価格が抑えられることもあるので、ぜひ活用してみてください!

sponsored link



 

和装の前撮りでも使える!足袋

前撮りでも本番でも、和装を着る予定の人は「白足袋」を購入しておきましょう!

突然、白足袋を買うとなると、なかなか売っている場所のイメージがつきませんよね?

どうやら呉服店などには売っているようですが、そもそも呉服店を見つけ出すのが困難です。

そのため、僕は事前に楽天で購入しました。

特に下記の東レが作ったものは、伸縮性も抜群で少しサイズが違っても違和感なく履くことができます。

特に移動が多い本番で和装を着る方にオススメです!

 

ホワイトやシルバーのタキシードで必要!婚礼用白ソックス

こちらも気を抜いていると、直前になって焦ってしまう一品。

普段サラリーマンをしていると、黒色の婚礼用ソックスは持っているかと思いますが、白色のソックスってなかなか目にしません。

はっしぃ
子どもの運動用ソックスとは別に白のソックスってあるのか?

と思い、近所のイオンやデパートに行ってみましたが、一足3000円と予想より高かったです。

式場ではレンタルでなく買い取りだったので、同等の金額でした。。。靴下に3000円も払いたくない。。。

というわけでネットで購入してみました!

僕が購入したのはこちら。白のソックスなんて普段使わないんで一回きりかなぁと思い、めっちゃ安いものを買いました。

ホワイトやシルバーのタキシードを着る予定の人は、直前になって慌てる前に抑えておきましょう。

 

胸ポケットでおしゃれするポケットチーフ

普段ゲストとして結婚式に参加される人は持っているかと思いますが、新郎のタキシードの胸ポケットにもチーフが必要となります。

色やデザインは新婦のドレス・新郎のタキシード、季節に合わせて自由に決めることができますが、お色直しでさらに追加になるのでテイストが異なるものを2枚持っていた方がベター。

式場やホテルでは買い取りになり、値段だけ聞いたところ、なんと6000円でした!やはり高い!!

そのため、デザインだけ大まかに式場で合わせて、同じようなものをネットで購入。

2000円程度売っているので、およそ1/3程度ですね。

 

まだまだある!事前にネットで買ってよかったものまとめ

新郎のものというわけではないですが、ネットで事前に買っておいてよかったと思うもののご紹介です。

直前は式の準備で忙しくなるので、事前に購入しましょう。

 

結婚誓約書

こちらも式場に売っていますが、自分でネットで探して買った方が多彩なデザインから選べるし、なんたって安いです。

人前式を実施する人は、必ずと言っていいほど必要になるので事前にチェックを。

ちなみに誓約書の内容は、ワードで書いて、台紙とともにキンコーズに持って行き、印刷してもらいました。

特に決まりはないので手書きなどでもいいですが、披露宴で飾ったりするので、印刷がオススメです。

 

お車代の封筒

お車代を包む封筒も直前になって思い出しがちなアイテムの一つ。

僕らは金額ごとに3種類ほど用意しました。

特に便利だなぁと思うのはすでに「お車代」と印字されている封筒。

書かれていないものだったら、全て手書きで書かないといけないので、覚えておきましょう。

 

お礼用の封筒

お車代に加え、ご挨拶や余興、受付をお願いした人へのお返しなどを渡す場合にはお礼用の封筒が必要です。

少額なら小さめの、一万円を超える場合は大きめの封筒をチョイスしましょう。

式の直前は名前などを書かないといけないので、封筒だけでも先に買うことを忘れずに。

余ること前提で、余分に購入しておきましょう。

 

Hanayume(ハナユメ)を使って、最大3万円以上分の商品券をゲット!

いくつか事前に用意しておいたほうが良いアイテムを紹介しましたが、これだけでも1万円は軽く超えてしまいます。

結婚式の見積もりの中での1万円は少なく見えますが、日常で1万円出費するとなると大きな買い物です。

少しでも節約をしたいなら、式場見学の予約をHanayume(ハナユメ)で行い、最大3万円以上分のギフト券をゲットしましょう。

それを小物の購入や結婚式の費用に当てるのがオススメ。

今回紹介したアイテム以外に、結婚式は何百万という単位で本当に大きな買い物です。少しでもお得に理想の結婚式を叶えましょう。

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

今日のこの記事が、「結婚式前の男性って何か自分で準備するものあるのか?」と悩んでいる人のお役に立てれば幸いです。

それでは!

⇨Hanayume(ハナユメ)公式サイトへ

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

結婚式場の見学予約・ブライダルフェア予約に利用したいおすすめサイト&エージェント5選

お急ぎ婚がお得に!Hanayume(ハナユメ※旧すぐ婚navi)が特典も多くて、おすすめ

格安で結婚式を!少しでも費用を安く抑える5つの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。