参加NGです!社会人チーム運営者が80人の応募者を不採用にした4つの主な理由

はっしぃ
どうも、ほっこり系ブロガーのはっしぃ(@hassi1222)です

相変わらずバスケチームを運営しています。

毎週日曜にいい汗かけてるなぁ…所属すると楽しいですよ社会人チーム!

関連記事:【福岡でバスケチーム「ロジーナ」を作った4つの理由

運営者という立場上、いろんな人から応募が来て、全員とやりとりをしてきました。

その数総勢120人ですが、一人として無視したことはないです。全員に必ず返信しています。

そして、今チームには55人が所属。

そのうち応募で入ったのは約40人(初期メンバーは寄せ集めなので)にのぼります。

結果的にこの半年間で、80人ほどお断りしちゃったわけですね〜。

チームの人数を絞っていたので、その事情で(申し訳ないと思いながら)お断りした人もいますが、そうじゃない人も。

そうじゃない人ってなぜお断りしたの?

こんな疑問を持つ人もいるかと思うので、今日は僕の印象に強く残っている不採用例をお伝えします。

これ、社会人チームへの応募だけでなく、就職や転職活動にも参考になります。

絶対真似をしないでくださいね!

sponsored link



 

不採用にした理由

そもそも、チームへの応募に必要だったのは情報は下記の2点。

①参加予定日
②数ある中からロジーナを選んだ理由

サイトには詳細の場所と時間を書いていません。

詳細な場所と時間を書いていると、飛び込みで来る人がいるんです。

飛び込みが増えて人数が多くなると、満足にバスケができなくなるので、①を聞いてから返信でお伝えするようにしました。

お断り理由その1:要項を読んでいない人

断る理由で圧倒的に多かったのが、「読んでいない」という人。40人くらいこれで断ったかな〜。

具体的に言うと、上記の「①参加日程」と「②選んだ理由」を全く書いていないパターンですね。

「久々にバスケしたいので参加させてください!」としかメッセージしてこない人はお断りしました。

「日程も選んだ理由も書かれていないので今回は…」とお断りした年上の応募者から「入る理由は改めて聞いた方が親切じゃないか!」と怒られたこともありましたね〜。

いやいや、これで仕事でもなんでもないし、そもそも高校生や大学生などの若い方でさえ、ちゃんと丁寧に書いて送ってくれるので、わざわざ聞き返す必要なんて全くないんです。

これは就職や転職、プロジェクトへの応募でも使えますが、まずは「要項をよく読む」ことをおすすめします。

そして「何を書くべきか把握する」こと。

当たり前に書いている人は「普通に書くでしょ?」って思うのでしょうが、実は多くの人ができていないので、要項に従って書くだけで採用度合いが上昇するんです。

お断り理由その2:理由が曖昧な人

たまに「バスケが本気でしたくて!」なんて応募もありました。

いや、うちは男女混合でやるし、初心者もいるし「本気」でやるには適さないよ…という理由でお断りしました。

これも「読んでいない」に入るのかもしれませんが、本気でやるなら、大会等に出ているチームに所属すべき。

他にあった面白い理由では…

「サイトの一番上に表示されていたから」
「飲み会だけでも行きたいから」

などもありましたね〜。

「ロジーナ」じゃなくても叶いそうな理由だったので、お断りです。

理由は「明確」に伝えたほうが、就職も転職もうまくいきます。

そして理由を明確に持ち、伝えるからこそ、入るべき会社やチームが絞られます。

せっかく過ごす貴重な時間なので、最もマッチする場所に入るようにしましょう。

お断り理由その3:友達と一緒に行きたいと熱望する人

これ何がしたいかわからなくてお断りしました。

「友達と2人で参加したいんです!」や、「チームメンバーが減ったので、所属する6人で参加します!」という応募も結構な数来ました。

こんな人たちで構成されるチームはもちろんあっていいと思います。

ただグループで来てしまうと、そのメンバーだけで会話・コミュニケーション取ってしまい、周りとの交流が浅くなってしまうんですよね〜。

それがやりたいのであれば、新しい環境に入る必要は全くないので、人数に制限をかけているウチとしてはお断りしました。

お断り理由その4:ブッチする人

体育館の場所と時間を詳細に送ったにもかかわらず、ブッチする人も多かったです。

ブッチするのはその人の勝手なのでいいですが、チームとして信用できないな〜と思い、その後の参加はお断りです。

まあ連絡しても返ってこない人が多かったですが。

返ってきた人でも「雨が降ってたから」ということを、後日送ってくる人もいたり。

事前連絡があれば全然問題ないですが、全く連絡なしの人はその後の参加はお断りですねぇ。

まとめ

僕が主にお断りした理由は下記の4つ。

・要項を読んでいない人
・理由が曖昧な人
・友達と一緒に行きたいと熱望する人
・ブッチする人

とわりとマナーに近い点が多かったですが、できている人って意外と少なかったです。

むしろ、そこだけしっかりできていれば、ウチみたいなチームにだって、就活時に会社にだって入れるチャンスがぐっと広がります。

応募をする際やメッセージを他人へ送る際には、受け取る側に必ず人がいると想像して、送るようにしましょう!

 

関連記事

 

関連書籍

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。