結婚式に呼ばれたけどお金がない!お祝儀が払えない時の対処法

結婚式に呼ばれたけど、お金がなくて困っている…

あなたはこのようなことで悩んでいませんか?

どうも、元ブライダル雑誌編集マンのはっしぃ(@hassi1222)です。

金欠の時に限って、結婚式がかぶってお祝儀出すのに苦労することがありますよね。

今日は、お金がない時・お祝儀が払えない時の対処法をご紹介します。

sponsored link



 

まずお祝儀の金額の相場を知る

お祝儀ってそもそもいくらぐらい払うものなのでしょうか?

多くの人が、下記のような認識だと思います

・友人…3万円
・会社関係…3万円
・親族…5〜20万円

親族の場合は、ばらつきがありますが、出席する機会が一番多いであろう友人・会社関係は3万円包むのがオーソドックス。

しかし、結婚式が連発したら3万円の出費もきついですよね。。。

 

実はお祝儀の額に決まりはない

でも、この「3万円」って特に決まりはないんです。

「お祝いの気持ち」なので。

2万円でも1万円でも、包む気持ちが大事。

絶対3万円を包まないといけない決まりなんてないということを覚えておきましょう。

お金がない時の対処法まとめ

それでは、お金がない時・お祝儀を払えない時に、結婚式に招待された時の対処法をまとめておきます。

 

欠席して、1万円贈る

どうしても、お祝儀を3万円払えないというなら、お断りして、式を欠席しましょう。

欠席の代わりに現金書留でお祝儀(1万円)を贈るだけでも、気持ちは伝わります。

お金がない場合以外でも、ほかの人と結婚式が被ったなど出席できない場合にもこの方法は利用できます。

 

2万円など金額を抑える-お札を割る

金欠で3万円払う余裕がない場合は、2万円で払うことも可能。

先ほども書いたとおり、3万円なんて決まりはありません。

その時に注意すべきは、「割り切れない数のお札を用意する」ということ。

例えば、2万円なら、1万円を1枚と、5000円札を2枚のように、計3枚にしましょう。

知り合って日が浅い関係の時などにも使えますよ。

 

親友なら3万円払う-バイトする

もし結婚する人が親友レベルで仲が良い場合は、3万円包んであげた方が、その後の関係も良好です。

その場合は、短期間だけバイトするなどして、稼ぐことにしましょう。

イベントスタッフなど、土日のみのバイトを3〜4回すると、まとまったお金になります。

特に仲の良い親友や、今後も大切に付き合っていきたい相手の結婚式なら、少しあなたの時間を割いてみてはいかがでしょう。

 

お祝儀がない場合に、絶対やめるべきこと

対処法を書いてきましたが、NG例も念のために書いておきます。

お祝儀を全く払わずに出席する

結婚式は多額のお金がかかっています。

もちろん、一人ひとりの料理も高額です。

そのため、お祝儀を出さずに出席することは避けましょう。

誰がいくら包んでくれたか、結婚式が終わった後に、新郎新婦やその親は確認します。

その時にお祝儀袋がないことはすぐにバレちゃいます。

もしあなたが、新郎新婦とその後も良好な関係でいたいなら、少しばかりでもいいのでお祝儀を払った上で、出席するようにしましょう。

 

友達に借りる

これは結婚式に限った話ではないですが、友人にお金を借りるのはオススメしません。

お金の貸し借りですぐに友情は壊れてしまいます。

一度壊れた友情は、なかなか元に戻りません。むしろ戻ることある?ってレベルです。

・お祝儀は払いたいけど、お金がない
・時間もなくて、バイトするのも厳しい

そんな人は、友人から借りずにじゃなくて、消費者金融を利用した方がまだマシです。

お金はあとから稼いで返すことはできますが、友人との関係は台無しになります。

お金よりも友情を優先した方がいいと僕は思いますよ。

 

まとめ

結婚式に招待されたけど、お金がなくてお祝儀を包めないと悩んでいる人は…

・お祝儀の金額は3万円じゃなくてもいいと知る
・欠席して、1万円贈る3
・2万円など金額を抑えて包む
・バイトして3万円かき集める
・お祝儀包まずに結婚式に出席はしない
・友人に借りない

のいずれかで対応しましょう。

結婚式のお祝儀は、良くも悪くも、あなたと新郎新婦のその後の関係を変えることになるということを覚えておいてくださいね。

それでは!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

お金に趣味、休み…やりたいことができないと言う人はまず「時間」を得よう

【経験談】「仕事がきつい…」と感じたらやってほしい、おすすめ対処法5選

稼ぎ方と同じくらい大事!これからの自分のお金の使い方を考えた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。