喫煙OKや現金支払い…今後選ばれない飲食店になってしまう3つのポイント

The following two tabs change content below.

hassi1222

グルメライター・結婚情報雑誌の制作・人材エージェントを経て、フリーランスになったアラサー男子。福岡にて好きや得意なことで生きる方法を研究中。

どうも、グルメブロガーのはっしぃ(@hassi1222)です。

正確には数えていませんが、年に150軒近くは飲食店に足を運んでいるかと思います。

そんななか、

はっしぃ
このお店は今後人気出ないかな

と直感で思ってしまうところがあります。

今後、選ばれないだろうなと思うお店のポイントを3つ上げてみました。

選ばれるお店にしたい・人気店にしたい!と思う人は、ぜひ参考にしてみてください。




sponsored link

1.喫煙OKなお店

タバコが店内で吸えるお店は、間違いなく敬遠されるでしょう。

僕は禁煙者ですが、同じクオリティ・距離で喫煙OK・完全禁煙のお店があれば、必ず禁煙を選びます

服にも匂いつくし、副流煙吸うためにわざわざモクモクしている中に飛び込みたくないんです。

さらに、喫煙者が増加傾向なら、喫煙OKなお店は伸びるかと思いますが、残念ながら、喫煙者はめっちゃ減少傾向

出典:JT2017年「全国たばこ喫煙者率調査」要領

タバコを敬遠する人は増え、タバコを吸う人は減っている。

そんななか、「全席喫煙OK」としていると、禁煙者は足を運ばなくなります。

「店内は禁煙で、喫煙は外で」としてみることをおすすめします。

2.街頭でキャッチするお店

街を歩いていると、夕方くらいから出没する「キャッチ」。

これ、やらない方がいいです。

自ら「客引きしないと、売り上げが立たないお店」と宣伝しているようなもんですから。

味や接客に自信があれば、ファンは勝手につきます。

ネットに口コミが書かれ、知らない人も知るようになる時代です。

キャッチはその場の売り上げは上がるでしょうが、一度きりの来店で終わるのがほとんど。

「人気ないんだな」とイメージを刷り込ませる分、マイナスですね。

わざわざ声をかけなくても、選んでもらえる存在を目指してください。

3.支払いが現金のみのお店

まだまだある現金支払いのみのお店。

クレジットカードの誕生から、電子マネー、各種ポイント、仮想通貨まで出てきている時代に、「支払いは現金のみ」ってのは僕だったら敬遠します。

最近では現金を持ち歩かない人まで出てきました。

カードで払えるお店では、必ずカードで払っているよって人が多いです。

そもそも、カードや電子マネーで払った方がお得なんですよね。ポイントも入るし。

お店側からするとお金数えたり、売り上げが合っているか計算したりと、作業コストが結構省けますよ。

最近では、現金払い不可のお店まで出てきていますね。

 

まずは「支払いは現金だけ」ってのをなくした方がいいですよ。

近頃は「AirPAY」というクレジットや電子マネー決済に必要なスマートデバイスサービスも登場しています。

導入コストは無料だし、手数料はクレジットカード加盟店一律で業界最安水準なので、経営者・店長さんはぜひ検討しましょう。

まとめ

まとめです。

・喫煙OKなお店
・街頭でキャッチしているお店
・現金払いのみのお店

今はあまり感じないかもしれませんが、このようなお店は徐々に人気は衰えていくのでしょうね。

生き残っていきたいのであれば、時代に応じて変化していくことをおすすめしますよ。

「この記事読んで、制度変えてみた!」ってお店に取材行きたいなぁ。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

ジャンル別!福岡グルメブロガーが厳選するおすすめの美味しいお店まとめ

お金に趣味、休み…やりたいことができないと言う人はまず「時間」を得よう

「この人・この会社と合わない」そう思ったら迷わず逃げる。誰と過ごすかを大事にしよう

The following two tabs change content below.

hassi1222

グルメライター・結婚情報雑誌の制作・人材エージェントを経て、フリーランスになったアラサー男子。福岡にて好きや得意なことで生きる方法を研究中。

コメントを残す