脱サラ・フリーランスになった僕が営業をしない3つの理由

フリーランスなったらめっちゃ営業しないと!
お仕事を取ってくるのが大変だよね。。。

 

脱サラ独立して、そのような言葉を多くいただくようになった、はっしぃ(@hassi1222)です。

営業について、色々心配されたり、助言をいただくのですが、新規開拓の営業は全くしていません

だって、営業って疲れるんです。超苦手。

でも営業しないと仕事なくなるんじゃ??

そう思う人のためにも、今日は僕が営業をしていない理由をご紹介します。

これから脱サラして独立を目指している、フリーランスになってみたい人は参考にしてください。

sponsored link

営業すると、消耗する&上下関係が生まれる

「ご挨拶に行かせてください!」
「なんでもいいので仕事ください!」

知らない人に連絡して営業するのって、心が消耗しちゃうんです。断られることも多いし。

フリーランスになって消耗して、心がやられてしまうなんて本末転倒。

苦手意識を持ちながら営業しても成果は出ないので、僕は最初からやっていません。

また、営業としてペコペコ頼み込んだら、仕事の受発注側で上下関係が生まれそうで。

「仕事を振ってやったんだから」
「お金払ってるんだから」

発注側がそう思っちゃう気持ちはわかるけど、そんな関係では受注側は気持ちよくお仕事はできない。

目先のお金のためよりも、いいものを作り上げるため・お互いが得をするためにお仕事はしたいもの。

受注側を手荒く扱う人と僕は仕事したくないっす。

ブログやTwitterが営業代わり

 

僕が営業をしていない最大の理由として、ブログやTwitterでほぼ毎日自分の得意なこと・好きなことを発信しているから。

僕のブログを見ていただくと、「福岡のグルメに詳しそう」「転職や結婚式の知識がありそう」というのは一目瞭然。

おかげでグルメ系の記事や、SEOを使ったライティングのお仕事などをブログ経由でいただいています。

ブログは自動的に24時間営業してくれるので、知らない人に電話したり、足を運ぶことなく仕事を得ることが可能。

プロフィール記事を見ていただくと、なんとなく僕の人柄も伝わるので、変な依頼は少ないです。笑

 

いただいた仕事をニーズに応えて全力で打ち返す

とても当たり前なことですね。笑

ブログは好きなことをどんどん書いているだけなのですが、一番気を使っているのが、いただいた仕事を全力で返すということ。

「全力」というのが、スピードの場合もあるし、記事のクオリティの場合もあるし、連絡の頻度でもあります。

要は相手のニーズにしっかり応えて、仕事できるかどうか。

結果として、次のお仕事をいただけたり、他の人に紹介くださって新しくお仕事のお話が進むことも

仕事を得るには、ネット情報だけでなく、リアルな「口コミ」が一番効果的

いただいたお仕事は例え少し条件が悪くても、ベストな状態で最後まで取り組んでいます。

まとめ-営業はしない。そのぶん発信を続ける-

消耗する&上下関係が生まれる
ブログやTwitterが営業代わり
いただいた仕事を全力で打ち返してリピートしてもらう

以上が、僕が営業しない3つの理由。

「独立してフリーランスになると、自分でめっちゃ営業かけて仕事を取らないと生きられない!」

と思っている人も多いようですが、時代は変わりました。

今ならネット上のブログやSNSを通じて営業が可能なんです。

僕は営業がとても苦手、というか嫌いなので、ストレスを感じることに時間を費やしません。

それよりもブログ書いたり、Twitterで発信することに時間を使っています。

もし、今後どのようなジャンルでも独立を狙っている人がいるならば、自分の得意なこと・好きなことをネット上に残していきましょう。

発信力があれば、営業せずとも得意分野に近い仕事の依頼はやってきますよ。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

実際になってわかった!フリーランスで働くメリット・デメリット

転職活動の方法がわからない!と相談されたので、転職に必要なツールと便利なサービスを詳しく教えるよ

フリーランスになったはっしぃ。お仕事も受付中らしいよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。