嫌がらせを未然に防ぐ!職場のお局といい関係を築くための対処法

どうも、元転職アドバイザーのはっしぃ(@hassi1222)です。

「お局」に悩んだり、過去悩まされた経験はありませんか?

多くの会社にいると言われるお局。

・怖くて何も言えない
・理不尽でも命令は絶対
・お局と人間関係がこじれるとめんどくさい

特に同性である女性は悩む人も多いかと。

僕もこれまで所属した職場で

はっしぃ
あぁこの人自分では気づいていないけど、お局だな

と感じる人がいました。

しかし、ある程度距離を取りつつ、しっかり関係を築くとそこまで困ることはありません。

今日はこの「絶妙な距離感」を取るために、僕が工夫したことをまとめます。

もちろん、全てが当てはまるとは言えませんが、ぜひ真似てみてください。

 

sponsored link



 

お局との直接の会話は少なめに

お局と仲良くせねば!と思い、やたら話しかける人がいます。

その方法はあまりオススメしません。

機嫌がいいときは大丈夫でしょうが、機嫌が最悪な時に話しかけると一気に嫌われてしまうことがあります。

最悪「あいつは空気が読めない奴だ」と、レッテルを貼られかねません。

そのため、話しかけるのは仕事の要件がある時のみ。

しかも、しっかり要点をまとめた上で手短に話すようにしましょう。

しかし、笑顔とお礼だけは忘れないでください!

にこやかに、手短に話す。

特に仕事中は最低限の距離だけ取っていれば、問題は起きにくいです。

 

お局のいいところを見つける

きっと多くの人がお局の噂を陰ですると思います。

しかし、そんな中あなたはお局のいいところを見つけてください。

あなたなりの視点で大丈夫。

お局は概ねずっとその職場で働き続けているため、あなたの知らないことやまだ身についていないスキルを知っているはずです。

悪い評判・情報ばかりを浴びると、あなた自身も先入観でそのお局を嫌ってしまう可能性があります。

そのため、お局のいいところを見つけて、少しでも「好き」という感情を自分の心に残しておきましょう。

嫌悪感を抱きながら、相手と接すると必ず雰囲気でバレます。

少しでも好きという感情を残すために、お局のいいところを見つけておきましょう。

 

お局を陰で褒める

これは実際に僕が使っていた手法。

直接本人を褒めずに、陰で褒め、第3者から伝わるという手法です。

直接褒められるより、他人を通じて褒められた方が、人は喜びがち。

この点をうまく使い、休憩中や同僚とのランチ時に、さらっとお局のことを褒めましょう。

何度かやっていると、勝手にその評判はお局のところに届き、一目置かれるようになります。

しかし、適度な距離感は保ったまま。

「ちょっと距離があるけど、好かれている」という印象をお局に持たせるのです。

 

まとめ-ある程度の距離感が人間関係を良好に

まとめです。

・直接の会話は極力控える+笑顔大事に
・お局のいいところを探し出す
・お局を陰で褒める

以上の3点を意識することで、僕はかつて職場のお局さんといい関係を築いてきました。

仲良くなり過ぎても厄介、仲悪くなっても厄介。

そうであれば、少し距離感をとって良好な人間関係を築くのが吉。

もちろん、そこまでしたくないという人は転職も視野に入れましょう。

特に派遣であれば、人間関係に深入りせずに業務ができるので、お局で悩みがちな人はおすすめです。

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

今日のこの記事が、お局との関係に悩んでいる人の役に少しでも立てば幸いです。

それでは!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

転職活動がうまくいかない人は、派遣から正社員になるのもおすすめ

「転職は30歳まで?」の疑問に、元人材紹介会社にいた僕が答えるよ

【経験談】「仕事がきつい…」と感じたらやってほしい、おすすめ対処法5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。