苦手な年上の上司との人間関係を克服するおすすめ方法

どうも、人間関係を勉強中のはっしぃ(@hassi1222)です。

サラリーマンの皆さん、年上上司との人間関係に悩んでいませんか?

会社に入ると、ほぼ確実に「上司や部下」「先輩や後輩」といった人間関係があります。

しかし、年齢はもちろん、考えや文化が異なるため、年上の上司となかなか良好な関係が築けない人も。

今日は、そんな年上上司が苦手で、どうやって人間関係を築けばいいかわからないと悩んでいる人に向けて、記事を書きます。

せっかく同じフロアで、多くの時間を過ごすので、ぜひいい関係を築けるようにしましょう。

sponsored link



 

仕事以外で上司と同世代の友人を作る

おすすめの方法が、まず年上の上司と同じ世代が何を考え、どういう時代を過ごしてきたかを知ることです。

そのために、「年上世代の友達を作る」を目指しましょう。

年上の人と友達って、なれるの?

と思う人も多いかもしれません。

しかし、会社や学校で出会う=上司や先輩という関係が生まれるだけで、他の場所で出会えば、すぐに友達になれますよ。

 

バーや居酒屋に一人で行く

例えば、バーや居酒屋へ一人で行ってみるのは如何でしょう?

一人で行くと必ずといっていいほど、カウンター席へ案内されます。

そのような一人で来ている年上の上司世代を狙って、お店に入るのです。

一人同士がカウンター席に座っていると、その人なり、店員さんなりが話してくれるようになります。

一人でそこに来ていることを考えると、常連の可能性が高め。

もし、その人と仲良くなれそうならまた頻度高く覗いてみるのもありでしょう。

職場以外で出会うことで、フラットに接してくれる方は多いです。

実際に、上司と同じ時代を生きた人の話を聞いてみると、その世代が話題にしそうなもの、好きなネタが知ることができますよ。

特にお酒が入った居酒屋やバーだと、口数も多くなるでしょう。

 

趣味のサークルに入ってみる

もし、あなたに得意とするスポーツや趣味があるのであれば、社会人サークルに入ってみるのもおすすめ。

共通の趣味を通じて、年上上司と同世代の友人を作るのです。

とっかかりが趣味なので、会話の始め方や仲良くなれるハードルは低め。

ちなみに僕は小学生から続けているバスケでたくさんの人に出会うことができました!

スポーツじゃなくても、文化的な趣味や、過去やっていたこと、なんでもいいと思います。

あなたの得意や好きを生かして、年上上司と同世代がいるコミュニティに飛び込みましょう!

 

相手が自分より優れている点を3つ見つける

年上の人に苦手意識があって、どうも距離を縮められなんです…

このように悩む人も多いよう。

先入観で苦手意識がある人は、

相手が自分より優れていそうな点を3つ見つける

ことを心がけてみてください。

まずは、「年上=苦手」という先入観を取り外す作業が必要です。

年上上司の尊敬できるポイント、好きだなと思えるポイントがあれば、それをしっかり伝えましょう。

たった、それだけで関係はずっと良くなりますよ。

また、この「相手の優れているポイント探し」は上司じゃなくても、やる価値ありです。

特に初対面で「あ〜苦手だな」と感じてしまうことがある人は、過去出会った人の傾向から、先入観で思っていることが多いです。

ぜひ、会う人会う人の「自分より優れていそうな点」を探すように意識してみてください。

 

苦手な人がいるのは当然!と割り切り、転職する

残念ながら、人間誰しも「苦手」と思う人がはいます。

仕事と割り切って、苦手な年上上司と付き合える人もいれば、そうでない人もいます。

なので、環境を変えるために思い切って転職するのもあり。

幸い2017〜2018年は景気も良く、若い人はどんどん減っているんで、転職はしやすいです。

しかし、一つ覚えておくべきなのは、「転職したところでも必ず年上の上司がいる」ということ。

もし、その人と相性抜群ならラッキーですが、それは行ってみないとわかりません。

根本的に解決できるように、

・年上上司と同世代の人と友人になる
・相手の自分より優れている点を3つ探す

を常に意識して、鍛錬するようにしましょう!

 

まとめ-上司との人間関係は訓練で構築できる

まとめです。

年上上司との人間関係構築が苦手な人は…

・上司と同世代の人と友人になる
・上司が自分より優れている点を3つ探す
・苦手な人もいる!と割り切って転職する

の3つを試してみてください。

また、もし上司だけでなく、職場やクライアントとの人間関係に悩んだら、メンタリストDaigoの「一瞬でYESを引き出す 心理戦略。」という本がおすすめ。

・仕事で評価されるためのメンタリズム
・商談や交渉など、ビジネスで使える心理学
・営業や販売で使える心理戦略
・仕事上の人間関係の悩みの対処法
・ミスをチャンスに変える方法

が具体的に書かれています。

ビジネスマンは一冊買っておいて、損はしません。

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。それでは!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

「転職は30歳まで?」の疑問に、元人材紹介会社にいた僕が答えるよ

【経験談】「仕事がきつい…」と感じたらやってほしい、おすすめ対処法5選

嫌がらせを未然に防ぐ!職場のお局といい関係を築くための対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。