人間関係に悩む人は、自己肯定感を高めて解決しよう

The following two tabs change content below.

hassi1222

グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。「人の悩みの多くは人間関係に起因する」ことを知り、人間関係学を研究中

どうも、人間関係を勉強中のはっしぃ(@hassi1222)です。

先日、アドラー心理学を元にした本に出会いました。

 

この本がなかなか面白かったので、紹介しますね。




sponsored link

人間関係を構築する4つの要素

この本によると、人間関係を構築するのに必要な要素は4つ。

①自分自身…自分をどうとらえているのか
②相手…相手が自分をどう受けとめているのか
③関係…例えば上司と部下、先輩と後輩という関係
④環境…職場や学校などの生活環境

人間関係に悩んで、解決した場合、この4つのいずれかを変える必要があります。

よく思いつくのが、「転職」ですね。

職場という「環境」を変えることで、人間関係の悩みをなくそうと動くわけですね。

 

4つの要素で一番変えやすいのは「自分」

この「自分」「相手」「関係」「環境」の4つの要素ですが、一番変えやすいのは「自分」なのです。

要は、自分のアプローチや接し方、気の持ちようを変えることで、人間関係の悩みも減るということですね。

「相手」を変えるには、自分の意思だけではできません。

上下の「関係」も、年齢や入社したタイミングなどで自然に決まってしまいます。

「環境」を変える転職も、時間と手間がかかりますし、転職先でまた悩む可能性も大いにあります。

時間をかけずに、さらに人間関係を効果的に変えるには、自分自身のアプローチ方法や接し方を変える必要があるんです。

 

良好な人間関係を生む「勇気づけ」

本書に紹介されている中で、「苦手な人がいない」という人は、勇気づけができる人とのこと。

勇気づけと書くと、すごくありきたりですが、要は

・元気にすることができる
・エネルギーを与えることができる
・笑いを与えることができる
・指針を与えることができる
・未来志向である

このようなイメージを僕は持ちました。

確かに、一緒にいると元気が出たり、笑いが多くなる相手は居心地がよく、また会いたいなぁと思います。

仕事へのポジティブな刺激を与えてくれる人も同様です。

このように、「勇気づけができる人」は、あまり人間関係に苦労しないんですね。

 

「自分への勇気づけ」が「他人への勇気づけ」に繋がる

しかし、誰もが他人への勇気づけできるのか?と言われると、そうでもありません。

まずは「自分への勇気づけ」が必要なんです。

自分自身を勇気づけることで、自己肯定感と自信が高めると、会う相手にも好影響を与えることができるんです。

「まず自分が幸せになって、それから相手を幸せにする」と同じような考えですね。

自分の生き方やこれからやろうとすることに自信満々の人の話には、どこか惹かれてしまった覚えはありませんか?

怪しいビジネスの話を自信満々にする人は置いておいて、特に自分と仲のいい人が楽しそうに、将来の話をしていると、こちら側まで元気をもらいます。

自分自身にしっかり勇気づけし、自己肯定ができているから、相手にその分元気や勇気を与えることができるんですね。

 

自己肯定感を高めるに、自分の強みを知るべき

しかし、どうやったら、元気になれるのでしょうか?

僕自身、「まずは自分の強みを知ること」だと思っています。

そのためにちょうどいいなと感じたのが「ストレングス・ファインダー」。

簡単なWebテストを受けるだけで、34の資質から、あなたが強みとしている資質を5つ導き出してくれます。

このように第3者から「あなたの強みはこれですよ」と言われることで、自分の魅力を再発見することができます。

僕自身も、5つの資質を発見したことで、仕事で活かせる自分の強みポイントがより明確になりました。

 

このストレングス・ファインダーは新品の本(約2000円)を買ってIDをゲットするか、ネットでIDを購入(2000円)する必要があります。

こちらの本を中古で買っては診断できないので、必ず新品で購入しましょう。

そんなお金かけられない…

そんな人は、転職サイト「リクナビNEXT」が無料で提供している「グッドポイント診断」を受けてみましょう。

こちらもWeb上の性格診断のようなアンケートで、簡単にできます。

なんたって無料で診断してもらえるのが嬉しいですね。

 

 

自分もイキイキすると、人間関係も変わる

自分自身がイキイキし、生活や仕事をし始めると、相手にもいい影響を与えることができます。

人間関係に悩んでいる人は、まず自己肯定感を高めることから。そして、出会う相手に勇気づけをしていきましょう。

その他にも「人間関係が楽になるアドラーの教え」には、人間関係の悩みを解決する方法がたくさん載っています。

気になる人はぜひ一冊買ってみてください。

それでは!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

苦手な年上の上司との人間関係を克服するおすすめ方法

【経験談】「仕事がきつい…」と感じたらやってほしい、おすすめ対処法5選

嫌がらせを未然に防ぐ!職場のお局といい関係を築くための対処法

The following two tabs change content below.

hassi1222

グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。「人の悩みの多くは人間関係に起因する」ことを知り、人間関係学を研究中

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。「人の悩みの多くは人間関係に起因する」ことを知り、人間関係学を研究中