人間関係で悩みがある人は、まずは自分の理解から始めよう

職場で相手とどう接していいかわからない
どんな人が自分と合っているかわからない

あなたはこのようなことに悩んでいませんか?

どうも、人間関係学を研究中のはっしぃ(@hassi1222)です。

突然ですが、

 

 

人間関係って難しいですよね!

 

 

仲良くしたい!って思っても仲良くできなかったり、ちょっと苦手だなと思っていたらやたら好かれたり。

良好な関係を築くために、どう振る舞うべきか考えてしまいます。

人間関係に悩みがある人の多くは、周りの目を気にしすぎて、八方美人状態になっている人が多いです。

「誰からも好かれたいわけではないが、誰からも嫌われたくない」という状態。

このように人間関係に悩む人は、まず自分にどんな特徴があり、どんな人と合っていそうか知るべきです。

自分と合いそうな人の傾向がわかれば、どのように接すればいいか、どうしたら良好に関係を築けるかヒントを得ることができますからね、

それでは詳しく僕の考えを伝えていきます。

sponsored link



 

相手に合わせてばかりではストレス大

良好な人間関係を築くには、必ず「相手」がいます。

しかし、そんな「相手」に合わせてばかりだとあなたにはストレスがかかる。

苦手だなぁと心の中で思いながら仲良くしようとするって、なんだかアホらしいじゃないですか?

苦手と思いつつ、褒めたたえたり、無駄に仲良いそぶりを見せても、あなた自身はストレスを感じたり、気を使いすぎるだけですよ。

 

合わない人は必ず存在することを知る

 

ちなみに、世の中には「合わない人」は必ず存在すると僕は思っています。

いい人間関係を築くためには、「合わない人が必ずいる」ことを認識しておくことが超重要。

「会う人みんなといい人間関係を!」という志は立派ですが、おそらく会う人の誰かからは否定されます。

そんな時、合わない人が存在することを知っていると、「あ、あの人は合わない人だったんだな」と気軽な気持ちになるからです。

また、合わない人がいると認識することで、あなた自身無理に人間関係を構築しなくなります。

あなたに合う人とだけ、強くて深い関係を築けばいいのですよ。

 

あなたの強みや特徴、合いそうな人を把握する

それでは、自分にどんな人が合うか調べましょう。

僕がおすすめするのは、「ストレングスファインダー」。

写真の本の通り、元々は自分の才能(強み)を発見するためのツールです。

しかし、自分の強みを知ることで、相性のいい人の傾向を知ることに繋がるんです!

 

ストレングスファインダーとは?

ギャラップ社というアメリカの会社で開発されたツールで、先述の通り自分の才能(強み)を発見するもの。

ギャラップ社に蓄積されている何十万人もの強みデータを分析したところ、現在では人間の強みは34種に分かれています。

ストレングスファインダーを利用することで、その34の脂質の中でも、特にあなたが強みとする上位5つが判明します。

操作方法はWeb上で適正検査のようなものを30分程度受けるだけ。結構簡単。

ただ受けるには、一度しか使えないアクセスコードが必要で、それをWeb上で購入(2000円弱)するか、本(2000円弱)を購入することでゲットできます!

 

はっしぃ
2000円は払いたくないなぁ・・・

と思ってい、勇気を持ってやってみると、

はっしぃ
もっと早くしておけばよかった!!

と後悔するほど!

いや、これで2000円は安いですよ。

自分の理解ができれば、どのような人と接したり、どのような自分の強みを生かして仕事をするかが見えてきます。

強みがわかれば、自信を持って仕事ができたり、振る舞えますからね〜。

人間関係で悩んでいる人はもちろん、自分に自信をなくしている人はぜひやってみて。

↓本を買って、読んでから始める場合はこちら↓

はっしぃのストレングスファインダーの結果

僕がやってみたところ、結果はこのような形で…

共感性

戦略性

親密性

ポジティブ

成長促進

が僕の強み。

本によると、共感性が強みの人は、下記のような特徴があります。

あなたは周囲の人の感情を察することができます。彼らが感じていることを、まるで自分自身の気持ちであるか のように感じることができます。
本能的に彼らの眼で世の中を見ることができ、彼らの見方を理解できるのです。
あなたは必ずしもそれぞれの人の物の見方に賛成するわけではありません。必ずしも一人ひとりの困難な状況を哀れむわけではありません――哀れむのは、共感ではなく同情でしょう。あなたは必ずしも、それぞれの人の選択を受け入れるわけではありませんが、理解します。そして、この本能的な能力は素晴らしい力を持っています。あなたには言葉に表せない問いかけが感じられます。あなたは人々が必要としていることが分かります。他の人が言葉を探して苦労しているとき、あなたには適切な言葉や適切な言葉のトーンが自然に出てくるのです。あなたは、人々が自分の感情をうまく言い表せるように手助けします。あなたは、彼らが感じていることを表現するのを手助けします。この素晴らしい力によって、人はあなたに惹かれるのです。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」より引用

 

なるほど、、、、

 

 

当たっている。

 

 

 

よく洞察力すごいって言われていたし。しかし才能とは思わなかった。

これからも共感しまくって、寄り添いますよ。仲良くしてね。

具体的な行動指針やどんな人と好相性かがわかる

また、単に傾向だけでなく、具体的な行動指針も書かれているのもストレングスファインダーの魅力。

仲間のひとりがつらそうなことに気づいたら、同僚や友人にさりげなく伝えましょう。
あなたのように敏感な状況に気づける能力を持っている人はあまりいないことを覚えておきましょう。
ある人の態度がその人やそのまわりの人たちに悪い影響を与えるなら、すぐに毅然とした態度をとりましょう。
誰かの感情が不安定だからといって、あなたがその態度を許す必要はありません。あ
なたの共感が同情 になると、まわりの人はあなたを「情に流されやすい人」と見なすようになるので注意しましょう。

〈指令性〉や〈活発性〉の資質が高い人とパートナーを組むとよいかもしれません。彼らは、たとえそれが誰かの感情を害することになっても、あなたが必要な行動をとれるように助けてくれます。・・・以下省略

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」より引用

 

ここでわかるのは「指令性」や「活発性」を強みに持つ人と関わると、人間関係がスムーズになるとのこと。

確かに誰かが指令を出して、そこで足りないところを先回りして補ったりするのは、めっちゃ得意!かゆいところに手が届くキャラです。

僕はたまたま「指令性」や「活発性」の人とのバランスが良いですが、34資質の全てでどのような人と相性が良さそうかがわかります。

自分の強みもわかるし、どんな人と相性がいいかもわかるので、人間関係の構築にもしっかり活かせますよ。

人間関係に悩んでいるなら、まずは自分を知る

 

まとめです。

よりよい人間関係を築くには…

相手に合わせてばかりではストレス大

自分に合わない人が必ずいることを認識する

自分の特徴や強みを知り、相性がいい人の存在を知る

このステップを踏むことで、人間関係の不安はなくなります。

出会う人全員と仲良くする必要なんてないんですよ。しかし相性抜群な人がいることは認識しておきましょう。

ストレングスファインダーを使って、あなたの人間関係の悩みが少しでも減ることを祈っています。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

仕事を辞める理由で最多は「人間関係」。退職理由と打開策をチェック

人見知り必見!初対面でも良好な人間関係を築くための3つの工夫点

「この人・この会社と合わない」そう思ったら迷わず逃げる。誰と過ごすかを大事にしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。