住民税の支払いでお得にWAONポイントを貯める方法

どうも、はっしぃ(@hassi1222)です。

毎年6月になると、フリーランスの方々がザワザワします。

そう、理由は住民税。

3月までに行う確定申告によって納税額が決まり、納付書が6月頃に届くのです。

はっしぃ
これってどうにかお得に支払いできないかな?

と思ったので調べてみたところ、どうやらWAONポイントが貯まる方法があったのでシェア。

 

sponsored link

住民税は現金払いがまだまだ主流の印象

住民税ってまだまだ現金で支払うことが主流のよう。

紙の振込用紙が送られてきたら、現金持ってコンビニ行っちゃいますよね。。。

ネット上でサクッと支払いができるようになれば、いいのになぁと思います。

しかし、クレジットカードや電子マネーの普及で、それに対応する自治体も増えてきました!

 

自治体によってはクレジット払いに対応

例えば、福岡市は専用サイトを使えばクレジットカード払いが可能です。

はっしぃ
この制度を使えば、家にいながら、サクッと支払いできるじゃん。ANAカードで払ってマイルも貯まる!

と思ったのですが、甘かった。

 

自治体のクレジット払いは手数料が高い

出典:福岡市

そう、自治体でのクレジット払い制度は手数料がかかるのです。しかもちょっぴり高い。

10,000円までは73円、以後10,000円ごとに73円プラスされます。

カード払いでポイントやマイルは貯まりそうですが、手数料を考えるとそこまで大きなプラスにはならなさそう。残念。

 

住民税をお得に支払い方法は2つある

住民税をお得に支払い方法は大きく2つあるようです。

どちらもクレジットカード×電子マネーでの支払いでお得になります。

 

nanacoポイントを貯める

まずはセブンイレブンで利用できる「nanacoポイント」が貯まる方法。

しかし僕自身これまでnanaco系のカードを持ったことないので割愛。

詳しくは「ノマド的節約術」というブログの「セブンイレブンでnanacoカードとクレジットカードを併用して年間4万円以上税金を安くできたやり方のまとめ」に詳しく書かれていますので、参考に。

 

WAONポイントを貯める

本題はこちら。僕はイオンの株を持っているほどのWAONユーザーなので、迷わずWAONが貯まる支払い方法を採用しました。

実際に支払いまで終えたので、下記で紹介します!

 

住民税の支払いでWAONポイントを貯める方法

住民税の支払いでWAONを貯める流れは下記の通り。

①イオンカードセレクトを用意する
②オートチャージ設定をする
③ミニストップで支払う

詳しく見ていきましょう。

 

イオンカードセレクトを用意する

わざわざ住民税の支払い用に作る必要はないと個人的には思いますが、すでに持っている人はラッキー。それを使いましょう。

ただ近くにイオンやマックスバリュがあり、日常的に買い物しているという人は作ってもいいと思います。

イオンカードセレクトのメリットについては「イオン銀行を使うなら、普通預金でも高金利になるイオンカードセレクトで」の記事で紹介しているので、ぜひ参考に。

>>イオンカードセレクトの詳細をチェックする

 

オートチャージ設定をする

イオンカードセレクトには、3つの機能が付いています。

・クレジット機能
・銀行口座機能
・WAON(電子マネー)機能

このWAONを使うには、レジやATM、WAONチャージャーで現金を入金するor残高が一定額を下回ったら勝手に入金されるオートチャージがあります。

イオンカードセレクトのクレジット機能を使って、WAONにオートチャージをすると、200円=1WAONが貯まります。

今回の住民税の支払いはこのオートチャージを使います。

オートチャージの設定はイオン銀行ATMで可能。

まずは、いくらを下回ったら入金するかを設定。その後、いくら入金するかを設定。(イオンカードセレクトの場合、WAONには5万円までしか入れることができないので注意)

設定後、すぐには貯まりませんでしたが、マックスバリュでお水をWAONを使って買ったら、オートチャージされました。

これでWAONの準備は完了です。

 

ミニストップで支払う

あとは振込用紙を持ってコンビニへ。

住民税をWAONで支払えるコンビニはミニストップになります。

店員さんに振込用紙を見せ、「WAONで」と言えば、あとは買い物するようにかざすだけで支払いは完了です。

住民税は4回の支払いに分けられているので、4回繰り返しましょう。

日常的にオートチャージを使わない人は、3回目を支払ってオートチャージされたら、設定をオフにするか、入金金額を変えましょう。

これもイオン銀行ATMでできます。

例えば、合計16万円の住民税の場合、オートチャージ分の800ポイント(40,000円×4回÷200円)を貯めることが可能です。

貯まったWAONは日々の買い物やJALマイルに変えるのもありですね。

 

まとめ-住民税でWAONを貯める方法-

まとめです。

①イオンカードセレクトを用意する
②オートチャージ設定をする
③ミニストップで支払う

上記の方法で僕は少しお得に住民税の支払いを終えることができました。

これから住民税を支払う方や、来年支払う方はぜひ参考にしてみてください〜。

ではでは。

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

仮想通貨の初心者におすすめ!「Zaifコイン積立」での運用の始め方・特徴まとめ

フリーランスを目指す人が知っておきたい脱サラ後の税金・年金・保険のこと

イオンの株主になるともらえる!「イオンオーナーズカード」の5つのメリット

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。