松井証券の「投信工房」を使って、毎日100円の積立投資始めたよ

ども、はっしぃ(@hassi1222)です。

このブログでは株のお話をちょこちょこしています。

 

株だけでは不安定なので、少額ながらも投資信託も始めました。

また、最近では仮想通貨の積み立ても開始!

sponsored link

【随時更新】月に一度、運用実績をアップします。

2017年10月22日:10000円入金
2017年10月23日:10009円(+9円)
2017年11月30日:12673円(+73円)
2018年1月5日:15006円(+306円)

 

最初は1万円を投資し、その後は一日100円ずつ自動積立してもらうように設定しています。

毎日100円を分散投資してくれる「投信工房」

利用したのは、松井証券から出ている「投信工房」というサービス。

今はウェルスナビのようなロボットが自動で投資先を選んでくれるのですが、投信工房も似たようなサービスです。

投信工房を選んだ理由

出典:松井証券

なぜ、投信工房を選んだのか?

実は大学時代に「松井証券」の株式口座を作っていたので、その流れでサクッと作ったのが大きな理由のひとつ。

あまり元手がなかった大学生にとって「10万円以下の現物取引は無料」はメリット大きすぎました。

リーマンショックがあって、あまり運用しなかったですが。笑

松井証券の口座を持っていることもあり、スピーディに作れる投信工房を選びました。

もちろん、他に魅力もたくさんあるので紹介しておきます。

投信工房の魅力とは?

出典:松井証券

魅力ですが、これはHPでも取り上げているように大きく3つ。

魅力①手数料が格安!低コストで運用可能

出典:松井証券

投信工房の大きな魅力の一つとして、運用に関して手数料が激安な点。

利用料はもちろん0円、売買手数料も0円、かかるコストは預かり資産に対して0.37%のみ(税抜き、2016年11月28日時点)。

便利さがウリのウェルスナビは1%のコストがかかるので、それと比較すると結構な安さ。

稼いでも手数料に取られてはもったいないですからね。

魅力②100円からでOK!少額投資が可能

出典:松井証券

また投資額も最低100円から設定可能

金額を選べることはもちろん、毎日・毎週・毎月投資するか、そのリズムを選ぶことも可能です。

投資って聞くと、何十万〜何百万の世界に感じる人も多いと思いますが、少額なら今すぐにでも開始が可能です。

ちなみにウェルスナビは初期投資に30万円〜が必要なので、元手がない人にとっても投信工房はおすすめです。

魅力③自動で自分に合った投資先を選んでくれる

無料で投資の目的やリスク許容度を選択すると、どんな商品をどれくらい買ったらいいか自動で判断してくれます。

もちろん、投資額に対して増える見込み・減るかもしれない見込みも表示されるので、納得した形で買うことが可能。

ちなみに、僕はバランス型で、大きく増えもせず、大きく減りもせずの投資バランスをとりました。

診断は無料なので、自分が毎月いくら投資したら、どれくらいになるかシミュレーションしてみるのはありです。

不便な点:銀行口座→松井証券の口座→投資信託の流れ

他の少額投資サービスと比較し、不便な点もあります。

それは投資するお金を銀行口座→松井証券→投資口座に移動させる手間がかかるということ。

ウェルスナビだと、銀行口座→ウェルスナビに直接できるようなので、ワンステップ少ないんですね。

そのため「投信工房」を始める場合は、松井証券の口座が必要になります。

持っていない人は、少しコストが高めですが、ウェルスナビで申し込むのがスムーズに始められるかと。

投資は若いうちから。少額でコツコツ積み立てます

積み立てなので、同じ金額でも早めにスタートすることで将来のリターンが大きくなります。

もちろん、投資をする場合は余剰資金で。

余ったお金は銀行口座に眠らせず、株や投資に回して少しずつ稼いでもらいますよー。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

仮想通貨の初心者におすすめ!「Zaifコイン積立」での運用の始め方・特徴まとめ

イオン銀行を使うなら、普通預金でも高金利になるイオンカードセレクトで

集中力をアップさせて業務を効率的に!自分の時間を確保しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。