僕がブログ「あったか橋」で伝えたい、たった一つのこと

どうも、はっしぃ(@hassi1222)です。

「今さらなんだよ!」と思われるようなタイトルですね。

先日こんな記事を書きました。

3ヶ月やってもPV増えない!稼げない!それでも僕がブログを続ける理由~4月の運営報告~
「稼げない」ほっこりブロガーが稼げるようになるために今後やっていく5つのこと

この記事を書いてから、稼ぐ、お金、ターゲット、ペルソナ、アフィリエイトサイト…いろんなキーワードをもとに、様々な方からアドバイスをいただきました。

本当にありがとうございました!

そこでふと思ったのが「僕ってなぜブログを始めたのか?」です。

今日は改めてスタート地点に戻ってみた心情を書いてみます。

sponsored link



 

福岡のいいお店ってネットに情報がない!

始まりは、2014年2月。

僕が大阪から福岡へ引っ越してきて1ヶ月ぐらい経った時ですね。

福岡の会社に入社してすぐに連れて行ってもらったランチや居酒屋がとても美味しかったんですね。

はっしぃ
え、こんな美味しくて、こんなに安いの!?

の連発だった1ヶ月だったことを覚えています。

休日になり、自分でも美味しいお店を探して行ってみよう!と思い、ネットで調べると…

はっしぃ
全然載ってねーやん

という残念な感想。

載っているのは、元から人気があったお店や雑誌に載っているお店、もしくは広告費払って上位表示させているお店ばかり。

自分が美味しい!と思った個人経営しているようなお店は、ネット上に情報が少なかったのです。

載ってないなら、自分で載せちまおう!

福岡へ引っ越して来るまでに関西圏で「関西Walker」や「るるぶ」などの観光雑誌やグルメ雑誌のライターをしていました。

おそらく年に500軒ぐらいは取材したんじゃないかというぐらい。

雑誌に載せるようなライティングスキルが自分にあるのはわかっていました。

なので、美味しいけどネットに情報がないお店が多い、そしてそんなお店を知らずに福岡観光や福岡ライフが終わっちゃう人が多いことを想像すると…

はっしぃ
ネットに情報がないなら、自分でメディア作って紹介しちゃおう!

自分が行って美味しいと思ったお店を紹介して、足を運んでもらおう!

そんな簡単な理由というか、思いつきではてブ(もうありません)を始めたのが最初のきっかけです。

個人のお店だけじゃなくて、人も応援したい!

大学で感じた「心地よい人間関係」

大学時代、僕は大阪の「外国語学部」というあまり聞きなれないところに通っていました。

女性の比率が高い(男性:女性=2:8)のは当たり前、学生の半分以上が留年して海外行くのは当たり前、サークルにいろんな国の人が遊びに来るのは当たり前、、、

はっしぃ
これ、世の中と比較するとたぶん当たり前じゃないよな。。。

そう、それまでの「当たり前」がたくさん崩される、刺激たっぷりの環境でした!

「普通」っていう感覚がなくなるような感じです。

そんな「普通」が通用しない人々は、大学卒業したらどうなるか?

就活して、商社や銀行、メーカーなどに行く人もいれば、

海外で就職先や結婚相手見つける人もいれば、

大学院進んじゃう人もいれば、

楽しい!という理由で大学8年間通う人もいれば、

漫画家になっちゃう人もいるし、料理人なっちゃう人もいるし、

カメラマンなった人も、僕みたいなライターになった人も。。。

そう、みんな自分のやりたいことを基準に次に進んで行ったのです。

それぞれがやりたいことがあって、それぞれが自由に道を決めると何が起こるかというと、「否定し合うこと」が起きないんですよ。

お互い「それ、めっちゃ面白そうやん!頑張ろうや!」と、むしろ興味津々に相手のことを知ろうとし、応援し合う関係が生まれます。

僕にとって、このような人間関係で過ごせたのはとても心地よかった。

そんな人の中で生きていたら、自然と僕も「人を応援する」人間になっていました。

サラリーマンだろうと、フリーランスだろうと、年下だろうと年上だろうと、

「意志を持って生きている人間」を僕は「めっちゃいいやん!」と言って、肯定するし応援しています。無意識的に。

福岡でも「応援しあえる関係」が作りたいので、バスケチーム「ロジーナ」を発足

これまで僕はず〜っとバスケを続けてきました。小学5年生から。

これまで出会った人は、バスケを通じたものがほとんどです。

これまで自分がそうだったように、バスケを通じて人と人をつなぐことができたら、

お互いを一人一人が深く知り、「お互いを応援し合える関係」を作れたらいいなと思い、

チームを作ることを決意しました。(運営って大変だろうな〜と思いつつも。笑)

「お互いを応援し合う関係」って、どんなイメージだ?と考えた時に真っ先に

はっしぃ
あ、家族やね。

とイメージしました。

そして一度訪れて好きになった国「ポーランド」の言葉で家族を検索してみると「rodzina=ロジーナ」だったわけです。

【関連記事】福岡市で社会人バスケチーム「ロジーナ」を作った4つの理由

20代で転職2回!だからこそ、仕事で悩んでいる人の後押しもしたい

僕は、新卒で入社してからこれまで2回転職しています。

要はやりたいことがコロコロ変わり、何度も路頭に迷っちゃったわけですね。笑

世の中の人
転職しすぎ!!

とよく言われちゃいますが、後悔は全然していません。

自分自身が職探しに迷った経験を生かし、今は転職サポーターとして携わっています。

プライベートで出会った多くの人からも働き方について悩んで、相談をいただきます。

・やりたいことがあるけど、やる方法やステップの踏み方がわからない…
・転職したいけど、勇気がない…
・そもそも、転職ってすべき…?

自分もこれまで仕事ややりたいことで悩んだからこそ、同じ悩みを持つ人の後押しもしたいし、できるかなと思ったわけです。

出会った人・お店の生き方や頑張りを応援するブログへ

長くなりました!

以上のように、ブログでもリアルでも、僕は「個人の生き方や頑張り」を応援したいな!より多くの人に知ってほしいな!という思いが根底にあり、生きていることに気付かされました。

なのでこれから(これまでも?)、僕が出会った人やお店はもちろん、読んだ人の生き方や頑張る姿を少しでも応援できるようなブログに仕上げていければと。

ブログ「あったか橋」は、あなたの生き方や頑張りを応援します。

このブログを通じて、ハッピーになる人・ほっこり気分になる人を増やしていきますよー!

関連記事

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。