結婚式で注がれるお酒…お酒に弱い新郎は結婚式をどう乗り切る?

どうも、元ブライダル雑誌編集マンのはっしぃ(@hassi1222)です。

先日、ご質問をいただきました。

新郎
自分お酒が弱いんですが、結婚式当日って注がれるじゃないですか?めっちゃ不安なんです。

なるほど、確かに新郎は最後の挨拶もあったりして、酔っ払うわけにはいけません。

しかも、みんなが「祝福」としてどんどんお酒を注ぎにきて、乾杯をしなければならない。

しかし、お酒が弱い人も、無事に結婚式を終えることができるので、安心してください。

 

sponsored link



 

お酒に強い新郎→ガバガバ飲もう

自分お酒に強いぜ!という新郎は遠慮することなく、どんどん飲みましょう。

しかし完全に酔っ払ってしまっては最後の締めの挨拶ができなくなります。

そのため、そこそこ酔うぐらいにとどめる必要はあるので、セーブするぐらいの気持ちでいましょう。

 

普通の人→口をつけて、放置しよう

「お酒を飲むタイミングによって、酔ったり酔わなかったり…」

という人は、乾杯した後は軽く口をつけて、置いておくようにしましょう。

並々に注がれたら、アテンドしてくれる式場スタッフにグラスを交換するよう指示を出してください。

新郎新婦には専属でスタッフが付いているので、すぐ側にいてくれるので安心です。

酔うか酔わないかわからない状態で、お酒を飲んで、酔ってしまったらせっかくの披露宴も台無しになりかねません。

ちなみに僕は、2時間で50mlぐらいしか飲まなかったですね。笑

 

お酒に弱い人→実は足元にバケツあり!そこに捨てよう

お酒は弱くて全然だめという人のために、実は新郎新婦の足元には、お酒を捨てるようのバケツが置いてあります。

なので、飲めない場合は遠慮せずそこに捨てるようにしましょう。

お酒に弱い人が、人の良さから注がれた全てを飲んでしまうと、おそらく1時間ほどでノックアウトですね。

足元には必ずバケツが用意されているので、乾杯したらすぐに捨てて、乾杯ルーティンをするようにしてください。

 

まとめ-結婚式でお酒は無理に飲む必要はない

結婚式だからと言って、無理にお酒を飲む必要はありません。

お酒は自分のペースで飲むようにして、披露宴をしっかり楽しむようコンディションを整えましょう!

あなたの結婚式が大成功することを心から祈っています。

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

結婚式場の見学予約・ブライダルフェア予約に利用したいおすすめサイト&エージェント5選

お急ぎ婚がお得に!Hanayume(ハナユメ※旧すぐ婚navi)が特典も多くて、おすすめ

格安で結婚式を!少しでも費用を安く抑える5つの方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。