【赤坂】福岡のソウルフード!「とり皮」で東京進出した警固の「かわ屋」へ行ってみた

 

どうも、福岡でグルメブロガーをやっているはっしぃ(@hassi1222)です。

福岡のグルメ雑誌に必ずといっていいほど掲載されている「かわ屋」。予約が取れないほどの人気店ということでしたので2週間前に予約していってみました。今回は白金店じゃなく、警固のほうへ。

外観はこんな感じです。

黄色の看板がモチーフ。

目の前にはサニーがあるのでわかりやすいです。

場所はこのあたり。
天神・赤坂からはちょっと遠いですが、その遠さでも高い人気を誇っております。驚異的。

20時ぐらいに店内に入ってみると、中はもちろん満席。いろんなテーブルから注文の声が上がっております。

飲み物とともに皮の本数を聞かれたので、とりあえず2人で10本をオーダー。
ほかの席からは20やら30やら、ものすごい本数のオーダーが飛んでおりました。

注文してから3分ほどでやってきました。

こちらの皮、6日ぐらい焼いて寝かせてを繰り返し仕込んでいるとのこと。
外はカリカリ、なかには旨味がギュッと凝縮した一本は、さすが福岡のソウルフードよ呼ばれんばかり。これはあっという間に食べ終えてしまいます。もちろんビールもどんどんと進みます。これで100円とは、採算あっているんだろうか。。。

もちろん皮以外にもありますよー

 

 

ほとんどの焼鳥が100円です!

大きいお肉がジューシなとり身。

一本200円と、そのステーキのような大粒に贅沢感を感じられるサガリ。

ちょっと残った臭みが癖になるハツ。

どれもこの価格でいいの?と思えるほどのコスパの良さ。お会計ももちろんめっちゃ安かったですよ~

モツ鍋やラーメンが有名な福岡ですが、訪れた際には行っておいた方がいい名店でした。

ちなみに東京・西麻布にもオープン果たしております!東京に住まれている方もぜひお試しあれ~

博多 かわ屋 – 六本木/焼鳥 [食べログ]

今日はこのへんで。ほな!