売り切れになるミンチカツレツは予約必須!老舗喫茶店ブラジレイロ【呉服町】

どうも、はっしぃです。

前々から行きたかった呉服町にあるブラジレイロにお邪魔しました。

実は以前一度行ったことあるのですが、なんと「予約で売り切れ」とのことで、今回はしっかり平日に予約して訪問。

博多で最古と言われる喫茶店でコーヒーとともにランチを満喫しましょう。

>>ブラジレイロの店舗詳細はこちら

 

呉服町の裏・店屋町にあるブラジレイロ

大通りである大博通りから路地に入った道にあるブラジレイロ。

店屋町は、オフィスビルも多いですが、路地裏になると趣ある建物が多い歴史を感じさせるエリアです。

その中に佇むのが今回ご紹介するブラジレイロ。

博多では最も古いと言われている喫茶店です。

 

ブラジレイロのメニュー

お店の前にあるメニューがこちら。予約して平日の12:30に行ったのですが、ミンチカツレツはなんと売り切れ。(予約時に取っておいてもらいました)

すごい人気のメニューのようで、食べる前からワクワクです。

そのほか、オムレツやハンブルグステーキ、ドライカレーなど数々のメニュー。

金額は850円〜1120円。喫茶店のコーヒーも付いているので、お得感もあります。

ミンチカツレツを食べる場合は、予約時に伝えておくことをおすすめします。

 

ブラジレイロのミンチカツレツ

店内は1階と2階に分かれており、今回は2階に案内されました。

絵画などもたくさん飾って合って、なんだかまったりできる雰囲気。

席に案内されてから、10分ほど待つと登場するのは予約しておいたミンチカツレツ(1000円)。

まるでラグビーボールのような形が特徴的です。

新鮮なレタスサラダとライスと合わせていただきましょう。

中央で切ってみると、ふっくらしたミンチ肉がぎっしり。

トマトベースの甘みあるデミグラスソースをたっぷりつけていただきましょう。

形状的に、中央はふっくら、とんがった端っこはサクサクなります。食感も秀逸。

ミンチカツレツも2つ入っているので、ボリュームも満点。物足りないということはないです。

 

食後はコーヒーでまったりと

食後には喫茶店のコーヒーも味わいましょう。

2階席の窓際からは街並みも楽しめます。

コーヒーは自家焙煎のマイルドコーヒー。その名の通り、苦味も少なく飲みやすい印象です。

食事後についまったりしてしまうのも頷ける優しい味わい。

 

ブラジレイロは予約して来店を

その落ち着いて雰囲気から、いつも忙しく流れる時間がゆっくり感じました。

まるでタイムスリップしたような感覚になる、老舗の喫茶店です。

ミンチカツレツは売り切れになることが多いため、予約が必須ですね。

地元民も観光で福岡に来た人も、博多の最古の喫茶店にぜひ足を運んでみてください。