家族で挙式のみのメリット・デメリット【かかる費用も解説】

挙式のみメリットとデメリットtop
家族だけで挙式のみをするメリットってある?あまり盛大に結婚式をしたくなくて。。。

どうも、はっしぃです。ブライダル情報誌の制作に携わっていました。

僕の周りでも挙式+披露宴の結婚式でなく、家族で挙式のみをして結婚式を完結させる人が増えています。

この記事では家族で挙式のみを実施するメリットとデメリットを僕なりに考えたのでお伝えします。

従来の挙式+披露宴の結婚式と比べると、準備も比較的楽で、お金も節約できますよ。

家族で挙式のみのメリット

僕が思う家族で挙式のみを実施するメリットはこちら。

  • 挙式+披露宴と比べ費用が安い
  • 挙式+披露宴と比べ準備が簡単

 

簡単に説明しますね。

 

挙式+披露宴と比べ費用が安い

挙式+披露宴の結婚式と比べて、お金がかからないのは大きなメリットのひとつかなと。

神社で挙式のみを実施した知り合いのカップルは、衣装込みで18万円程度で実施できたそう。

もちろん費用は挙式会場によって異なりますが、意外と安くてびっくりするカップルもいるほどです。

結婚式はしたくないけれど、家族の希望もあって、結婚の節目に挙式だけを実施するカップルも少なくありません。

 

挙式+披露宴と比べ準備が簡単

ちなみに、挙式+披露宴と比べて、準備もそこまで手間がかかりません。

披露宴をするとなると、座席表や装飾品、引き出物の準備など、決めることが多く、準備も大変です。

一方、挙式のみであれば、衣装を決め、流れを確認するだけなどで済むので、そこまで準備に時間と手間がかかりませんよ。

 

家族だけで挙式のみをするデメリット

一方で家族だけの挙式にはデメリットもあります。

  • 友人へのお披露目はない
  • 披露宴をする場合は別途打ち合わせが必要

 

それぞれ説明しますね。

 

友人へのお披露目はない

家族だけでの挙式のみを実施する場合、披露宴パーティのように友人へのお披露目はできません。

友人へのお披露目やパーティをするのであれば、別で会場を押さえて、披露宴や1.5次会を開く必要があります。

挙式会場に友人ゲストを呼ぶことはできますが、披露宴会場よりも着席人数が少ないため、多くのゲストを招待することはできません。

 

披露宴をする場合は別途打ち合わせが必要

挙式に加え、披露宴を実施する場合は、別の会場との打ち合わせが必要になります。

挙式会場と披露宴会場、それぞれ打ち合わせが発生するので、手間がかかってしまうのはデメリット。

もし披露宴まで実施するのであれば、挙式+披露宴の結婚式スタイルに切り替えるのがいいかなと思います。

挙式+披露宴の場合でも、挙式は親族だけを招待し、友人は披露宴から招待することも可能だったり。

神社と提携しているホテルやゲストハウス、レストランもあるので、希望の挙式会場がある場合は一度問い合わせしてみるのもあり。

近隣の結婚式場がどこと提携しているのか、まとめて情報収集するのであれば、相談カウンターの利用もおすすめです。

ブライダル相談カウンターtop

【無料】式場探しの相談カウンターでできる相談、メリット・デメリット

2021年2月9日

 

家族だけの挙式にかかる費用【参考例】

家族だけの挙式にかかる費用を僕なりに調べてみました。

  • ブラなびのライトプラン→48,800円〜(初穂料が別途必要)
  • 警固神社の結婚式プラン→150,000円
  • 僕の友人からの口コミ→180,000円

 

衣装込みでも、20万円を超えることはなさそうです。

挙式+披露宴の場合と比べるとグッと安く実施することができます。

大勢の人の前に出たり、人前で話すのが苦手で結婚式をしたくない人は、家族だけで挙式のみをするのもありですね。

 

家族だけでの結婚式という選択肢もあり

家族だけの結婚式は、デメリットもありますがメリットもたくさん。

特に費用面を抑えられたり、準備に手間がかからないのは大きいかなと思います。

一方でしっかり節目のイベントとして家族へ感謝を伝えることもできます。

挙式は家族だけで済ませて、友人へのお披露目はカジュアルに1.5次会というスタイルを選ぶのもありですね。