【諫早市】うなぎの名店「福田屋」。100年以上続く老舗の味を堪能

どうも、はっしぃ(@hassi1222)です。

先日、長崎に行った際に、地元・諫早でも有名な鰻店に行ってみました。

「諫早で、どこかおすすめのお店ある?」と聞くと、高い確率で出てくる一軒だったので、レポしますね。

 

sponsored link

商店街にある老舗感に溢れた一軒「福田屋」

今回お邪魔した鰻店は「福田屋」というお店。

諫早のアエル商店街の中に佇んでいます。

ちなみに商店街から入る側と、お店の裏にある駐車場側から入る方法があります。

裏手から入ると、雰囲気抜群。

池では鯉が泳いでいたりします。

そんな福田屋は創業から100年以上!

平成が終わろうとしている今なお愛され続けている一軒なのです。

 

畳とテーブル席が広がる店内。掛け軸も鰻

店内はテーブル席と畳席が用意されています。多くの人がテーブル席を利用していました。

また、2階へつながる階段もあり、貸切などもできるのかな?と思ったり。

店内には「うなぎの掛け軸」なんかも。

趣ある店内で、いたって静かな雰囲気。

しかし、12時にはテーブル席は満席で、待ちが出るほどたくさんのお客さんがいました。

 

メニューは定食と丼がメイン

メニューがこちら。

メインは定食か丼ですね。

うなぎの切れ数によって、価格が上下します。

そのほか、卵焼きで鰻を包んだ「鰻巻き」や「うざく」などもスタンバイ。

ビールに合わせて一品料理も楽しめるし、定食や丼でがっつり食事を楽しむこともできます。

 

甘いタレがたっぷりかかった鰻を満喫

こちらは定食の鰻。

定食はご飯と鰻が別々で出てくるため、蒲焼として楽しむもOK、ご飯の上にのせて合わせて楽しむもOK。

こちらは丼。ご飯の量は定食より多めです。

蓋を開けた瞬間に漂い、香ばしさがたまりません。

身がしっかり詰まった厚みのある鰻は、厚さはもちろん、ふっくらしていて、食べやすい印象。

タレは甘めで、ご飯とよく合います。

タレだけでもご飯にかけると美味しいですね、これは。

客層は年齢高め。リピーターのような人も多く、お店の人気が伺えます。

観光客のような方々もいるほどの知名度なので、諫早に立ち寄った際はぜひ足を運んでみてください。

・店名:福田屋
・TEL:0957-22-0101
・営業時間:平日11:00~14:00、17:00~19:00、日曜11:00~19:00、土曜・祝日11:00~20:00(いずれも閉店15分前LO)
・食べログ:https://tabelog.com/nagasaki/A4204/A420401/42000780/

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。