ふるさと納税を初体験!来年度の納税がお得になるよ

どうも、はっしぃです。

ずっとやりたいと思っていた「ふるさと納税」に今年はチャレンジしてみました!

何事も「始める」となると、知識も付くし、刺激も多いです。

せっかくふるさと納税してみたので、ここでは僕が選んだ返礼品や、使ったサイト、どれくらいお得になるのかをお伝えします。

ちなみに使ったのは「ふるなび」というふるさと納税サイトです

>>ふるなび公式サイトはこちら

 

ふるさと納税とは?

そもそも、ふるさと納税って何?聞いたことあるけど。。。

このような人も多いでしょう。

ふるさと納税とは、応援したい好きな自治体へ寄附をする仕組みのことです。
寄附をすると、寄附金の使い道を選べ、地域に貢献することができます。
さらに、地域の特産物が寄附の返礼品として貰え、寄附金が税金から控除される制度なんです!(引用:ふるなび公式サイト)

 

僕の認識だと、

  1. 来年度払う分の税金を事前に「寄付という形で」支払う
  2. 支払った金額に応じて返礼品がもらえる(2000円分の自己負担)

 

かなと。

 

ふるさと納税でどれくらいお得になる?

出典:ふるなび公式サイト

ふるさと納税って本当にお得なのか?と疑問を抱く人も多いかと。

例えば、来年度50万円の住民税を支払うとします。

そのうちの2万円分を、ふるさと納税として「寄付という形で」事前に支払います。

結果、金額に応じて返礼品(自己負担2000円)がもらえ、来年度支払う税金が1.8万円ほど控除され、およそ48万円になるんですね。

先に寄付という形で納税することで、返礼品の分がお得です。

これまで納税しかしてこなかったので、返礼品をもらうチャンスをみすみす逃していたのか。。。

 

ふるさと納税で選んだ返礼品

出典:ふるなび公式サイト

ちなみに、今回選んだ返礼品はこちらのAmazonギフト券。

2.5万円の寄付で、1万円分のAmazonギフト券がもらえました。

返礼品の自己負担が2000円なので、2.3万円を先に納税し、1万円の返礼品をもらったことになります。

これを知らなかったら、単純に2.3万円納税して、特に何ももらえないということ。

そんなことを考えると、なかなかお得感があります。

ただ、返礼品はなくなる可能性があるので、欲しいものがあれば早めに押さえておきましょう。

>>返礼品にAmazonギフト券があるかチェックする(ふるなび公式サイトへ) 

 

ちなみに、控除できる上限は所得に応じて決まっているので、納税すればするだけ控除されるというわけではありません。

出典:ふるなび公式サイト

年収を記入するだけで、おおよその控除(寄付)上限額がわかります。

控除金額のシミュレーションが下記より簡単にできるので、ぜひやってみて、自分の場合どれくらいの金額寄付できるか事前に知りましょう。

>>寄付金の上限をシミュレーションしてみる(ふるなび公式サイトへ) 

 

ふるさと納税はサラリーマンでもできる?

ちなみに、ふるさと納税はフリーランスでもサラリーマンでもできます。

フリーランスの場合、税金控除のために確定申告が必要ですが、サラリーマンの場合、手続きがほとんど不要な「ワンストップ特例制度」という制度もあるため、より気軽に寄付が可能。

ざっくりお伝えすると、下記の通り。

  1. 寄付の際に「ワンストップ特例制度を利用する」にチェックを入れる
  2. 返礼品と一緒に届く「特例申請書」を記入する
  3. 特例申請書と各種書類(マイナンバーカードや免許証)を寄付先の自治体に送付する

 

ワンストップ特例制度のより詳しい制度は、ふるなび公式サイトで確認しましょう。

>>ワンストップ特例制度について調べる(ふるなび公式サイトへ) 

 

ふるさと納税は返礼品分、お得になるよ!

今回僕は返礼品に注目したため、ふるなびというサイトを使いました。

しかし、その他にも「楽天ふるさと納税」や「さとふる」でも可能です。

サイトごとに扱っている返礼品の種類や、ふるさと納税することでもらえる特典が異なります。

楽天ふるさと納税だと、寄付することで楽天ポイントも貯まるので、楽天ユーザーは嬉しいですね。

僕が使ったふるなびは、Amazonギフトポイントが貯まりました。

今まで何気なく払っていた住民税。

ちょっとした工夫で、返礼品分がお得になるので、もしふるさと納税をするのであれば、今年中に済ませておきましょう。

※来年度の控除分は、今年(12月末)までに寄付が必要です。

>>ふるなび公式サイトはこちら