【大村市】長崎空港近くにある「ガラスの砂浜」!七色にきらめくビーチがそこに…

どうも、はっしぃ(@hassi1222)です。

僕は実家が長崎で、つい最近帰省していました。

特に用事を作らず帰ったのですが、テレビでとあるニュースが話題に。

それは「大村にガラスでできた砂浜がある」というもの。

暇なこともあり、早速足を運んでみましたよー!

 

場所は長崎空港近くにある森園公園横のビーチ

ガラスでできたきらめくビーチがあるのは長崎空港からすぐの場所にある「森園公園」の隣。

長崎空港って長崎市になかったの?

と思う人もいるでしょうが、長崎空港は実は「大村市」にあるんです。

その長崎空港から橋を渡ってすぐのところにこのガラスの砂浜はあります。

多くの人が森園公園の駐車場に車を止めて、ビーチへ行っていました。

 

遠目ではただの砂浜で魅力が伝わらない

ビーチと言いますが、空港の近くということもあり、海はそこまで綺麗じゃありません。笑

また、ガラスの砂浜ですが、遠目だと全然わからないんです。ただの砂浜。

ちなみにこのビーチは遊泳禁止なので、泳いだらダメみたいです。

 

近くで見たり、手に取ると、きらめき具合がわかります

しかし、よく見ると、ガラスでできているんです!きらめいている!

パッと見ではわかりませんが、砂浜を山にしてみるとわかりやすかったです。

このようにいろんな角度で写真をおさめようと、多くの人が訪れていました。

ビーチへの入園も無料だし、森園公園の駐車場も無料です。

このきらめくビーチは子どもからも人気で、ビーチで遊ばせるにはうってつけです。

 

なぜガラスのビーチができたのか?

さて、なぜこのガラスのビーチができたのでしょうか?

誰かのいたずら?

実はアサリがよく育つよう、水質改善を狙って大村市が事業として行なっているのだとか。

以前はビーチ一帯に発生した藻が夏場は腐敗して、悪臭の原因になっていたとこと。

ガラスを砂の代わりに利用し、岩場からビーチにすることで悪臭も減ったのだとか。

また砂より粒の荒いガラスなので、あさりも繁殖しやすくなったそう。

今では知る人ぞ知る観光スポットになっているのですね。

もし長崎に行くことがあれば&長崎空港を利用する際は、チラっと覗いてみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。