自分のアクセスをGoogleアナリティクスから除外する方法

アナリティクス除外Top




作ったばかりのブログ、PV多くて嬉しいな…!!

作ったばかりのブログや記事のPVが多いと、とても嬉しいですよね!

しかしそんな時に注意して欲しいのが、「自分のアクセスが含まれている」かです。

設定をしていないと、自分でブログがチェックしたPVがGoogleアナリティクスの数値に含まれていることも。

ここでは自分のアクセスをGoogleアナリティクスから除外する方法を解説します。

およそ3分で完了するので、サクッと設定してみてくださいね。

自分のアクセスをGoogleアナリティクスから除外する方法

自分のアクセスをGoogleアナリティクスから除外する方法は下記の手順で完了します。

  1. 自分のIPアドレスを確認する
  2. Googleアナリティクスにログイン
  3. Googleアナリティクスの「管理」をクリック
  4. 管理画面の「フィルタ」をクリック
  5. フィルタ名・種類を設定&IPアドレスを入力

 

この5つの手順になります。

 

自分のIPアドレスを確認する

まずは自分のIPアドレスをチェックしましょう。

cman network」というサイトに入るだけで確認ができます。

IPアドレスは後ほど利用するので、画面をそのままにしておくか、コピーしておきましょう。

>>cman networkはこちら(無料です)

 

Googleアナリティクスにログイン

IPアドレスの確認が済んだら、Googleアナリティクスにログインしましょう。

>>Googleアナリティクスはこちら(公式サイトへ)

 

Googleアナリティクスの「管理」をクリック

Googleアナリティクスにログインしたら、左下に「管理」があるので、そちらをクリック。

 

管理画面の「フィルタ」をクリック

管理画面に入ったら「フィルタ」をクリックしましょう。

 

フィルタ名・種類を設定&IPアドレスを入力

フィルタに入ったら、フィルタ名と種類を設定します。

  • フィルタ名→※ご自由にどうぞ
  • 種類→除外
  • 「IPアドレスからのトラフィック」を選択
  • 「等しい」を選択

 

最後に①で取得したIPアドレスを入力して「保存」を押すと完了です。

 

設定後はアナリティクスの「リアルタイム」をチェックしよう

設定後は、ブログにアクセスしつつ、Googleアナリティクスにログインして「リアルタイム」をチェックしましょう。

リアルタイムに自分がアクセスしているブログ記事のURLがなければ成功です。

お疲れ様でした!

 

自分のアクセスを除外して正確なデータを把握しよう

特にブログやサイトをスタートし始めた時は、自分でデザインを確認したり、記事を何度も確認します。

それらのPVを除外することで、リアルな読者数やPV数を把握できるので、Googleアナリティクス上で早めにフィルター処理しておくといいですよ。