【天神】注文後に包むこだわり餃子に舌鼓み!「餃子のラスベガス」で一杯どうぞ

どうも、はっしぃです。

今日は2018年7月にオープンした「餃子のラスベガス」へ行ってみたので、その感想を。

国体道路を歩くと目立つその外観の裏腹に、メニューや提供方法は昔ながらの懐かしさを感じました。

では早速行ってみましょう!

>>餃子のラスベガスの店舗詳細はこちら

 

天神の国体道路沿いにある餃子のラスベガス

場所は天神駅の南側にある国体道路を西へまっすぐ。歩いて10分ぐらいかかります。

車も人も多く行き交う道で、餃子の文字がかなり主張しているので、迷うことは少ないかと。

一応予約したのですが、それでも円卓に他のお客さんと相席しかありませんでした。すごい人気。

 

活気ある店内!カウンターか円卓、テーブルで

ピーク時間はかなり賑わいを見せる店内。

来店しているお客さんの年齢層も幅広い。おしゃれな内装がフックになっているのか、女性の方が多い印象でした。

カウンター席で一人で楽しむこともできれば、テーブルや円卓、2階にある畳の席も利用できるとのこと。

餃子のラスベガスの奥には、ビストロで人気の「Yorgo」というお店もあります。

どうやら餃子のラスベガスはYorgoの系列店のよう。

二次会としてお互い行き来できるのはいいですね。

 

餃子のラスベガスのメニュー

餃子を中心にメニューは、中華系を少しアレンジした変わり種で構成。

数はそこまで多くはありません。

餃子をがっつり食べまくるもいいし、一品メニューを攻めつつ餃子を食べるのもよし。

今回は食べなかったですが、〆にあるもぐ俺監修のラーメンが気になります。。。

ドリンクメニューは下記の通り。

ドリンクも生ビールはなく、瓶ビールになります。多くのドリンクが瓶で提供され、卓上にある栓抜きを使って自分でオープン。

ドリンクの種類もそこまで多くないのですが、それが回転率を上げている要因にもなっていそうです。

サクッと飲んで、サクッと食べるのにちょうどいい一軒ですね。

 

餃子のラスベガスで頼んだメニュー

今回は餃子をメインに楽しみました。まずは柚子とザーサイ水餃子。

モチっと柔らかな食感の生地の中からは、ふわりと柚子の香りが。

ザーサイのザクッとした食感もたまりません。

柔らかな水餃子とは裏腹に、カリッと食感が楽しめるのが焼餃子。

餃子はどれもオーダー後に包むそう。手作りへのこだわりがすごいです。

焼き餃子も生地は厚めなのですが、サクッと軽快に食べることができます。

もちろん、餡もしっかり詰まっていて、ジューシーさも抜群です。

焼き餃子でもちょっと刺激が欲しい人におすすめなのが「麻辣焼き餃子」。

想像通り、麻辣がかかっているので、ピリッとした刺激があり。お酒に一番合うかも。

その他見栄えが全く写真映えしない「半熟海苔玉」もいただきました。

割らないと、奇妙な食べ物に見えますね。

見た目以上に味は抜群。海苔の風味はもちろん、黄身との相性も◎です。

 

カリカリ焼き餃子も、もっちり水餃子もお試しを!

デートでゆっくり、というよりは少人数で来て、サクッと味わう店にはちょうどいい餃子のラスベガス。

0次会や2次会使いでも十分楽しむことができます。

また、雰囲気を変えたい人は隣にあるYorgoへ。

餃子とビストロ、両方を一度に楽しめる一軒ですよ。