【平尾】古民家でワイン×天ぷらでしっぽり過ごせる「創作天ぷらと炭焼きワイン はかたあゆむ」

どうも、はっしぃです。

いつも天神や博多、祇園界隈のお店の紹介が多いのですが、今回はちょっと平尾のおすすめのお店をご紹介。

それが2018年11月にオープンした「創作天ぷらと炭焼きワイン はかたあゆむ」です。

つい何度も通いたくなる隠れ家的な雰囲気に魅了されますよ。

>>創作天ぷらと炭焼きワイン はかたあゆむの店舗詳細はこちら

 

平尾の裏道にある「創作天ぷらと炭焼きワイン はかたあゆむ」

平尾にあると言っても、駅から徒歩10分。

渡辺通り沿いにある高砂2丁目から一本路地裏に入ったところにあります。

交差点には、こんなラーメン店も。これはこれで気になります。笑

また、この界隈には「田中田」や「天ぷら岩永」といった、高級店がぎっしり。意外とお店が多い激戦区です。

地図を頼りに行くと、もう完全に住宅地。

そんな住宅地に佇んでいるお店らしきものを発見。

ここで間違いなさそうですがパッと見、完全に昔ながらの家ですね。

でも、そんな古風な佇まいに心引かれてしまいます。

早速入ってみましょう。

 

まるで家のような店内。立派な盆栽にも注目!

お店に入ると、まず入り口(玄関?)で靴を脱ぎます。

「お邪魔しまーす」とつい言ってしまいそう。

店内はカウンター席と、小部屋・大部屋の3つの部屋がスタンバイ。

家屋のような造りのため、散歩してみたくなりますね。

こちらが今回お邪魔したカウンター席。

店主こだわりの盆栽が飾られており、トークを楽しみながらご飯をいただけます。

6人テーブルが設置された個室。

女子会や会社のちょっとした集まりなどにはうってつけ。6人でも個室が使えるのは嬉しい!

大部屋は15〜16人くらい入るとのこと。

こちらにも立派な盆栽が飾られています。大人数の宴会などに利用可能。

トイレに行く廊下からは、庭園を望むことも。

これまた趣ある雰囲気でいいですね。さて、そろそろご飯をいただきましょう!

 

「創作天ぷらと炭焼きワイン はかたあゆむ」のおすすめメニュー

席に着くと、卓上のメッセージがお出迎え。こういうの地味に嬉しいです。

ビールと自家製サングリアで乾杯して、早速宴会スタート!

 

博多ごまさば

まずオーダーしたのが、博多ごまさば。

キュッとしまった身が特徴の新鮮な鯖に、自家製の濃厚ごまだれをつけて食べましょう。

そのコリっとした歯ごたえから新鮮さが伝わってきます。

食べる前から漂ってくるゴマの香りも秀逸です。

 

フォアグラ寿司

次に食べたのが、豪華「フォアグラ寿司」!

厚みしっかり目のフォアグラが、ご飯の上にオンしています。

食べた瞬間に、フォアグラの旨味が海苔の香りふわりと口の中に広がります。フォアグラ寿司は初体験でしたが、これはハマります。

柔らかな食感で口どけもよく、「もう一貫おかわりを…」と言いたくなる逸品です。

 

金太郎卵の半熟煮卵

店名にもなっている天ぷらも必食です。

特に写真の「金太郎卵の半熟煮玉子」は天ぷらメニューの中でも人気の一品。

僕も初めて知ったのですが「金太郎卵」は福岡県・那珂川市のフジノ香花園の名産のよう。

添加物を一切使わず、栄養価たっぷりと評判の卵を、こちらでは天ぷらでいただけます。

黄身の色が濃く、いい卵だということが一目でわかりますね。

外はサクっと、中は熱々で柔らかい仕上がり。塩をちょっと付けて食べるのがおすすめ。

 

天ぷらの盛り合わせ(白)

赤白それぞれのワインとマリアージュできる天ぷら盛り合わせもオーダー。

今回は白ワインを選び、それにあった天ぷらをお任せで出していただきました。

菜の花に、下仁田ネギ、あわび茸、ささみやタイなど、旬の食材を使った天ぷらを出来立てでいただけます。

天ぷらのさっぱりした味わいに白ワインもグイグイ進みます。

次は赤にチャレンジしたいところ!

 

地鶏の炭火焼き

こちらはその香ばしさがビールやハイボールに合う、地鶏の炭火焼き。

天ぷらと白ワインの後に食べようとしたら、「白ワインとは合わないかも…」とのことで、さっとお水を出してくれました。

さりげないホスピタリティに感激です。

 

季節の釜飯

季節ごとに具材が変わる〆の釜飯。今回は「鯛」がたっぷりでした。

お米にもしっかり味がついていて、〆にぴったり。

最後に出してくれた「嬉野茶」との相性も抜群です。

ちなみに使っているお米は、契約農家から直接仕入れたもの。

玄米で仕入れ、お店で精米することで新鮮な状態で使っているとのことです。

ここまでこだわりのあるお米なので、白ご飯や先ほど紹介した金太郎卵を使って卵かけご飯で食べても美味しいに決まっています。

 

ワインと創作和食がハーモニーを奏でる一軒

こちらのお店をオープンさせた置鮎さんは、実はバー出身の異色の経歴の方。

それ以外に飲食店で修行を積んだけれど、バーテンダー歴が長いのだとか。

ワインと和食の掛け合わせに可能性を感じ、東京の割烹店で修行を積んだ料理人とともにお店をオープン。

料理やお酒の味わいはもちろん、お店の雰囲気でも来た人にあっと驚いてもらいたいというこだわりから、ここ平尾の路地裏にお店を作ったそうです。

ワインと和食を同時にいただく機会はこれまで少なかったです、、、

しかし、「創作天ぷらと炭焼きワイン はかたあゆむ」でいただいてみると、実は相性がいいことに気付かされます!

落ち着いた雰囲気のため、デートや記念日にももちろん、会社の接待などにも使える「創作天ぷらと炭焼きワイン はかたあゆむ」。

隠れ家的な雰囲気の古民家居酒屋でゆっくりしたい時におすすめの一軒ですよ。

 

  • 店名:創作天ぷらと炭焼きワイン はかたあゆむ
  • TEL:050-5596-3292
  • 営業時間:11:00~15:00、17:00~23:00※日曜休(日曜・祝日連休の場合は祝日が休みの場合あり)
  • 店舗詳細:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40049596/