インタビュー受けて感じたメリット・デメリット。やっぱり発信は大事

どうも、はっしぃ(@hassi1222)です。

先日、大学生から簡単なインタビューを受けました。

テーマは「社会人バスケチームの運営の課題・現状」について。

どうやら大学の研究テーマのよう。僕自身に話せることあるのかな〜と思って行ってみました。

感想としては、久しぶりにインタビュー受けたのですが、受けた僕自身にとって発見も多く、引き受けて良かったです。

これを機にどんどんインタビュー受けたいなと思った次第。笑

今日はインタビューを受けて感じたメリット・デメリットを紹介します。

 

インタビューを受けたメリット

僕がインタビューを受けた感じたメリットはこちら。

・第3者視点での再発見が得られる
・自分自身の振り返りになる

詳しくみていきましょう。

 

第3者視点で再発見が得られる

自分自身だけでは気づかない魅力や発見があるのは、インタビューのメリット点。

例えば…

チーム運営で工夫している点はありますか?
特にないなぁ。。。最初集合して、初めての人は自己紹介してもらって。。。
いや、自己紹介ってそれ工夫点なのでは・・・!

僕自身、初めて来た人の自己紹介は当たり前にしていたのですが、確かに他のチームではあまり見かけないなぁと。

なんて呼んでいいかわからないし、名前やあだ名があったほうが馴染みやすいし、最初に聞いておこう!的なノリでした。笑

このように、第3者から指摘されて初めて気づく発見がとても多かったです。

インタビューされなければ気づくこともない魅力やメリット・デメリットもあるので、第3者視点から引き出してもらうにはいい機会だなと感じました。

 

自分自身の振り返りになる

質問を繰り返されたり、深堀されると、自分でも答えることができなくなる「壁」があります。

無意識にやっていたことなど、うまく言語化できません。

そんな「壁」のようなものを気づかせてもらえる機会としてもインタビューっていいなと思いました。

「そもそもなんでチーム作ったんですか?」のような質問とか、作って2年も経てば、普段からなかなか考えません。

あれ〜あの時の気持ちってどうだったかな

と振り返る機会にもなったので、自分自身の思考の整理にもなりました。ありがたい。

 

インタビューを受けたデメリット

インタビューを受けたデメリットって、実は自分自身あんまり感じていなくて。

時間が取られる」ことくらいだったかな。

それでも、今は時間に拘束された働き方をしていないので、あまりデメリットに感じず。

むしろ「面白そうやんー!!」のほうが上回りました。

人によっては「時間を取られる」、オフラインの対面インタビューの場合は「移動が必要」をデメリットに感じるかもしれませんね。

 

まとめ

インタビューを実際に受けてみて感じたメリットは下記の通り。

・第3者視点での再発見が得られる
・自分自身の振り返りになる

デメリットは今の生き方的にほぼ感じなかったので、話があれば気軽に受けようと思います。

以前も一度「パラレルキャリア」について受け、今回は「チーム運営」についてでした。

インタビューといった大それたものじゃなく、働き方や独立の相談、どうやって生きているの?なんて気軽な質問もウエルカム。

僕自身のアウトプットにもなるので、どんどん答えていければと思います。お問い合わせはTwitterからどうぞ。

それでは!

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。