アフィリエイトやブログ収益に影響を与える「ITP対応」って何?

ASPのサイトとか見ていると目にする「ITP」って何のこと?

意外と僕の周囲でも知っている人が少なかったITP対応

ブログやサイト運営者は収益アップに影響するので、簡単に紹介します。

 

sponsored link

ITPとは?

ITPとは、Apple社がSafariのWebブラウザに搭載した新たなトラッキング防止機能。

クリックしたら残るCookieの有効期限を短くし、広告の追跡を阻止する機能になります。

Cookieが24時間で自動的に消去されるので、結果的にユーザーのプライバシーを保護する動きにつながります。

 

ITP対応している・していないの違いは?

上記の説明だけでは少しわかりにくいと思うので、追加で説明。

このITPに対して、アフィリエイト広告プログラムはCookieが消えないように対応を進めています。

よりブロガー目線で言うと、

・ITP対応している案件→発生しやすい(24時間以降もCookieの追跡可能)
・ITP対応していない案件→発生しにくい(24時間経つと、Cookieが消える)

そう、ITP対応していないと、クリックから24時間経過してしまうとCookieが消え、クリック先の商品を購入しても、発生にならない事象が発生するのです。

大打撃ですね。これまで発生していたような案件も、ITPによって発生しなくなる=収益が減るのですから。

ITPですが、PCやスマホでよく使うブラウザ「Safari11.0」以降に標準搭載されています。

僕はChromeを使っていますが、Safariもまだまだ根強い人気がありそう。

 

使っているプログラムがITP対応しているか確認しよう

あなたが扱っているアフィリエイト案件はITP対応しているでしょうか?

実際に、ITP対応が完了しているかどうかは簡単に知ることが可能です。

 

A8.netの場合

出典:A8.net

各プログラムのページの「プログラムの詳細」で確認が可能。

写真のようにアイコンが表示されます。

 

バリューコマースの場合

出典:バリューコマース

検索画面にて「提携済み」にチェック。さらに「ITP済み」にチェックすると検索可能。

これから提携案件を探す場合も、ITP対応済みをチェックして探すと、優先的に案件が表示されます。

 

afBの場合

出典:afB

afBも各広告案件のページにアイコンが表示されています。

A8.netと同様にわかりやすいのがうれしいです。

 

まとめ

このITP対応案件ですが、順次対応が進んでいますが、まだまだ対応できていない案件も多くある状況です。

対応していないと、Cookieの記録も消え、発生も減ってしまう恐れがあるので、参ったという感じですね。。。

今日はアフィリエイトのプチ情報でした。

ぜひ自分がメインに売っている案件は、ITP対応しているかどうか調べてみてくださいね。

それでは!

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。