【中洲川端】早良区から中洲に進出!「麺屋はし本」のクリーミー豚骨

どうも、グルメなはっしぃです。

毎朝のように通る道で、前から気になっていたお店に行くことができたので、シェアします。

その名も2018年4月にオープンした「麺屋はし本」です。

>>麺屋はし本の店舗情報はこちら

 

早良区が本店。中洲に進出してきた「麺屋はし本」

今回お邪魔したのは、国体道路沿いにある「麺屋はし本」。

営業時間は18時〜と必然的に夜しか行けない一軒です。

周囲にはラーメン店も多く、激戦区のこのエリア。

しかし、入店時もお客の数は多く、その人気っぷりを発揮していました。

 

メニュー・トッピングともにシンプルな構成

メニューがこちら。

入店後は、券売機でチケットを購入を。

メニュー構成はとてもシンプルで、ラーメン(700円)をベースに、味玉を追加するか、あとはすでに入っているネギ・チャーシューを増量するのみ。

ラーメンだけでは足りないな…と感じる人は事前に白ごはん・替え玉(ともに150円)を追加しましょう。

 

ラーメン(700円)をオーダー

今回は2軒ほど居酒屋へ行ってからの来店だったので、シンプルにラーメン(700円)をオーダー。

白いクリーミー豚骨には、キクラゲ・ネギ・チャーシューとシンプルなトッピング。

ズズッと飲むと、臭みと重みを感じさせないまろやかな味わいに驚きです。濃厚豚骨がそこまで得意ではない相方(妻)も一緒に行ったのですが、ここのラーメンは好きと太鼓判を押しているほど。

麺は、製麺屋慶史 謹製のストレート麺で、これまたスープにマッチです。

極細というわけではないのですが、スープへの絡みと食感が秀逸。

しばらく食べ進めた後は、卓上にある辛子高菜を入れましょう。

数あるラーメン店のなかでもここ麺屋はし本の辛子高菜はうまいと評判です。

スープに加えるといいアクセントになって、辛さを感じながら飲み進めてしまうことでしょう。

そこそこの辛さはあるので、辛いものが苦手な人は避けましょう。

 

麺屋はし本は中洲での飲みの後におすすめ

立地的に、夕食として狙って行くというよりは、中洲界隈で飲んだ帰りに立ち寄るパターンが多そうです。

周辺には人気ラーメン店もひしめき合っているので、夜のラーメン屋巡りの候補のひとつに入れると良いでしょう。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。