【赤坂】もつ鍋×すき焼き=もつすき!?有名人も多く来店する「もつ繁」

どうも、はっしぃです。

みなさん、「もつすき」ってご存知ですか?

福岡で有名なもつ料理といえばもつ鍋ですが、このもつ鍋にすき焼き要素をプラスした「もつすき」が有名な一軒があるのでご紹介します。

>>もつ繁の店舗詳細はこちら

 

もつすきで有名な「もつ繁」

今回ご紹介するお店「もつ繁」は赤坂駅から徒歩10分。けやき通りの近くにある隠れ家的な一軒です。

 

近くには、同じようにこじんまりとした居酒屋やカフェ、バーがあり、ちょっと歩いてみるだけでも楽しめます。

このもつ繁で楽しめるのが福岡グルメのもつ鍋!でなく、もつ鍋にすき焼き要素をプラスした「もつすき」というメニュー。

お店の名物になっており、その評判を聞きつけた多くの方が連日お店に足を運んでいます。

 

もつ繁のメニュー

メニューの数はA4サイズ一枚に収まる程度で、数としては多いとは言えません。

もつのニラ玉や生せんまいなど、もつを使った一品に加え、ポテトサラダやトマトスライスなど居酒屋らしいおなじみの一品も。

メインのもつのすき焼きが出てくるまでのつまみとした楽しみましょう。

 

もつ繁で頼んだメニュー

もつすきを待っている間に、豆腐のとろろ味噌(500円)をセレクト。

山芋とろろと豆腐のふわっと柔らかな食感を楽しみながら、お酒を進めます。

味噌の風味が豆腐といいマッチングです。これは家でも食べたい。

豆腐のとろろ味噌をつまんでいると、もつすき用のお鍋が登場。そう目の前でお店の方が作ってくれます。

まずは、ニンニクを軽く炒めます。

その後、丸腸や小腸、センマイなど6種の新鮮なもつを炒めていきます。

お店の方とのトークを楽しみながらなので、あっという間に完成しますよ。

唐辛子や醤油、日本酒をプラスしてグツグツ。

その後チャッカマンでフランベ!目の前でアルコールを飛ばすため火が上がります。

フランベの後は、豆腐と玉ねぎを入れて、シナシナになるまでちょっと弱火で煮込みます。このあたりでもつと具材は食べてもOKです。すき焼き風味でいただきましょう。

しばらく食べていると追加で、キャベツとニラを上にのせて、もつ鍋のスープを加えて、しばらく煮込むと最終完成!

もつの種類も豊富かつ、野菜もたっぷり取れるので栄養満点。

プリプリのもつを甘い醤油味のタレと合わせていただきます。砂糖入れてなかったけど、甘く仕上がるのが不思議。

今回は〆を食べなかったですが、最後にちゃんぽん麺か雑炊を頼むのもありです。

 

予約で満席!有名人も多く来店するもつ繁は一見の価値あり

名前はよく耳にするけど、訪れる機会がなかったもつ繁。

もつすきは他のお店はないため、これは福岡に住んでいる人にも味わって欲しいですね。

満席の場合も多いため、事前に電話予約しておくことをおすすめします。