酒場のんどこ|安くてびっくりな大衆居酒屋が2020年1月に誕生【博多駅】

どうも、はっしぃです。

今回は2020年1月に博多駅前にオープンした「酒場のんどこ」を紹介。

このお店を知った発端は、instagramのdevi takahashiさんの投稿を見たから。(いつも参考にさせていただいています!)

近所にもあるし、サクッと飲む気分で行ってみました。

\ネット予約でポイントが貯まる/

酒場のんどこの場所は?

博多駅からは歩いて5分ほど。福岡市内ではなかなかお目にかかれない「餃子の王将」の近くにあります。

 

博多駅と比較すると少し賑やかさが落ち着いたエリアですが、居酒屋やもつ鍋屋さんは多いです。

飲み歩きにはうってつけのエリアかと思います。

1月にオープンしたようで、オープン直後はセールもしていたよう。お店のウリはお刺身と天ぷらのようです。

 

酒場のんどこの雰囲気

来店した際は2人だったので、テーブル席に通されました。

1階はテーブル席と立ち飲みスペース、2階は座敷になっているようです。

立ち飲みスペースがあるので、サクッと1〜2杯飲むにはうってつけ。

おつまみメニューも充実しているので、0次会の利用もできますな。

 

酒場のんどこのメニュー

大衆居酒屋とあって、メニューは充実。

特に一押しのメニューは下記になります。

  • もつ煮(480円)
  • 天ぷら盛り合わせ(480円)
  • 手羽唐 白・黒(1本130円)
  • 刺身盛り合わせ(1人前500円)
  • 博多ゴマざば(980円、2切250円・4切480円)
  • もつ鍋(1人前800円)
  • チキン南蛮(550円)

 

大体のメニューが500円以下で楽しめるリーズナブルな価格設定は嬉しいですね。

おでんも用意されており、ちびちび飲むことも可能。

ただし、頼み過ぎには注意が必要。すぐに満腹になっちゃいますよ笑

 

酒場のんどこで頼んだもの

実際に頼んだものを紹介していきます。

まずは枝豆を頼みましたが、特筆すべきことはなし。

次に登場したのがお刺身盛り合わせ(写真は2人前)

盛り合わせの中にゴマさばが入っているので、両方頼む際は注意が必要です。

マグロやカンパチなど、5切れセットで1人前ですね。

ひとりで来店しても、お刺身気分の時は気兼ねなくいただけます。

新鮮度は中の上ぐらい。ただ500円なので、満足度は高いです。

次に来たのが、手羽唐(白と黒)。

塩胡椒ベースの白に、甘だれたっぷりの黒。

お酒との相性を考えながら、選ぶといいでしょう。

個人的にはビールを飲んでいたので、シンプルな味わいの白が美味でした。塩加減もちょうどよく、止まらなくなるタイプですね。

お次はカリカリ鶏皮串(2本250円)。

1本あたり125円なので、お得感がすごい…!

しっかり揚げられた鶏皮には、甘めのタレがかかっています。感覚的には、鶏皮のタレを味わっているよう。

ただし、食感にハマってしまいます。ここまでカリカリなのは久々ですね。

最後に名前が気になった「エメラルド」(400円)をいただいてみました。興味本位で。

出てきたのがこちら。

そう、ちくわの磯部揚げ!磯部の厚みがすごいですね。笑

マヨネーズとの相性も抜群で、酒のつまみにちょうど良いです。1本200円なので、こちらも一人飲みでどうぞ。

 

酒場のんどこの感想まとめ

ほとんどのメニューが1品500円以下と、リーズナブルに楽しめる酒場のんどこ。

飲み放題付きで3000円のコースもあるので、節約派の人も気軽に利用することができます。

団体の宴会はもちろん、ひとりで立ち飲みを楽しむスタイルもありですね。

博多駅会話で居酒屋探しに困ったら、ぜひ思い出してみてください。