務めるのが簡単で手軽だったお仕事まとめ【バイト・派遣の実体験】




どうも、はっしぃです。

僕自身、大学時代にたくさんのアルバイトをし、たまには派遣として働いていたことも。

今回は自分自身のアルバイトや派遣経験を通して、務めるのが簡単だったなぁと感じるお仕事を紹介していきます。

これからお仕事やアルバイト探しをするあなたの役に少しでも立てれば嬉しいです。

務めるのが簡単だった仕事①試験の監督員

振り返って、最も務めるのが簡単だったなと感じたのが、試験の監督員。

僕はとある大学の受験会場で、受付や入り口で監視をしていました。

といっても、仕事の大半は試験中にトイレに行く人が出た場合の付き添いのみ。

あとは座って待機しておくだけです。

大事な受験なので、トイレに行く人はほぼおらず。(というか0人だった)

試験中は静かにしていれば読書していてもいいよとのことだったので、なかなか快適でした。

ただし、メインの監督員(教室の中)になると、時給は上がる分、やることも多く、室内では何もできないので注意が必要です。

また、受験は時期が冬場に限られているので、長期的に務めるとなると、他のアルバイトを探すのがいいでしょう。

>>リクナビ派遣で短期のお仕事を探す(公式サイトへ)

 

務めるのが簡単だった仕事②飲食店のキッチン

アルバイト人生で最も長続きしたのが、飲食店のキッチン。

お店によってはキッチンと接客をするホールを兼任するようですが、僕はキッチンオンリー。

お客さんと接することがないため、集中して調理に携われます。

おかげで包丁の使い方や簡単な料理を作る術などを覚えることができ、社会人になった今でも役に立っています。

また、賄いがでるのもよかったなと思うポイント。

給料を稼ぎつつ、食費の節約にもつながっていました。

ただし、キッチンは範囲が狭い分、人間関係が居心地を左右します。

良好な人間関係を築けさえすれば、いい職場と学びの場に変化しますよ。

 

務めるのが簡単だった仕事③催事やイベントのスタッフ

催事やイベントのスタッフも経験しました。

僕は某おもちゃ屋さんで、クリスマスシーズンのみラッピングのお仕事を派遣形式でお手伝い。

ラッピングといっても、袋に詰めて、用意されていた紐を結び引っ張るだけ。

包装紙タイプじゃないため、全く難しくなく、すぐに取り掛かれました。

一点デメリットがあれば、ずっと立ちっぱなしだったこと。

クリスマスシーズンで寒いため、しんどさもひとしお。

ただ、期間限定ということで時給高めだったので、満足度は高かったです。

>>リクナビ派遣で期間限定のお仕事を探す(公式サイトへ)

 

務めるのが簡単だった仕事④荷物の配達スタッフ

某配送業者で、配達のお手伝いをしたことも。

運転はせず、助手席に座って、荷物をお家まで走って届けるのがお仕事です。

朝早めの出勤(8時だったかな)&少し体力勝負ですが、大学生活で崩れていた生活リズムが正され、体力もつくようになりました。笑

配達のヘルプスタッフは、お歳暮やお中元の時期限定だったので、時給もそこそこ高く、難しいことはなかったのでかなり満足度高めです。

接客のように人と接することも少ないので、わりと務めるのは簡単と言えるでしょう。

 

務めるのが簡単だった仕事⑤工場内のピッキング

人と接したり、コミュニケーションが苦手という人は、工場のピッキングもおすすめ。

僕は某アパレルに出荷するTシャツを色・サイズ別にカゴに入れていくというものでした。

会話一切なく、黙々と広い工場を歩き回って、Tシャツを集めるだけなので、簡単っちゃ簡単です。

僕自身、時間が過ぎるのが遅すぎて、それを苦痛に感じてしまいました。

また、募集の多くが深夜の時間帯のため、生活リズムが崩れてしまうのもデメリットかなと思います。

>>リクナビ派遣で短期のお仕事を探す(公式サイトへ)

 

務めるのが簡単だった仕事⑥コンサートスタッフ

特に大都市で多いアルバイト・派遣の募集がコンサートスタッフ。

文字通り、コンサート中の警備や会場案内、物販販売を行うお仕事になります。

ただ、派遣元によっては朝のステージ設営&終了後のステージ撤去まで含まれることも。

僕自身はステージ設営〜コンサート中の警備〜ステージ撤去まで行っていたので、拘束時間はだいぶ長かったです。笑

ただ、会う人も一回きりなので、わりと気楽に仕事ができました。

ステージ設営の際は力仕事も必要になるので、その点は注意しておきましょう。

 

務めるのが簡単ではなかったお仕事

一方、務めるのが簡単ではなかった仕事がこちら。

  • たこ焼き屋さん
  • スーパーのレジ打ち

 

たこ焼き屋さんは、たこ焼きを焼くだけでなく、接客や集客、お金のやりとりも並行してしないといけなかったので、思ったよりハードでした。

土日になるとお客も多くなり、並んでいる様子がもうプレッシャーでした。笑

スーパーのレジ打ちは、電子マネーが流行り始めたタイミングで、操作が意外に難しかったことを覚えています。

また、基本的にレジのブース内(1〜2歩以内)でしか移動がなく、長時間立ちっぱなしのようになってしまったのもキツいと感じた要因。

ただ、一度慣れてしまえば、覚えることも少なく、楽に感じる人も多いようです。

 

自分に合う・務めるのが簡単なお仕事探し方法


 

ちなみに自分にとって務めるのが簡単だなぁというお仕事探しをするなら、MIIDAS(ミイダス)がおすすめ。

MIIDAS(ミイダス)では、自分の強みやパーソナリティがわかるコンピテンシー診断を無料で受けることができます。

診断を受けるにはアプリをダウンロードし、簡単な質問に答えていくだけなので、とても簡単!

バイトや正社員に関わらず、お仕事を探す前に、まずはあなたの個性や強みを把握することで、自分にとって務めるのが簡単に感じるお仕事を見つけることができますよ。

>>MIIDAS(ミイダス)で無料でコンピテンシー診断を受けてみる(公式サイトへ)

 

務めるのが簡単だった仕事まとめ

僕自身のアルバイトや派遣の経験をもとに、務めるのが簡単だったなぁと感じた仕事、逆にきつかったなと感じた仕事をお伝えしてきました。

ただ、好きなものが人それぞれ違うように、あなたにもきっと「務めるの楽かも…!」と自然と思えるようなお仕事が必ずあります。

そのためには、まずいろんなアルバイトや派遣を経験してみるのがいいかなと思います。

僕自身も色んなアルバイトを経験した結果、最終的には飲食店のキッチンスタッフに出戻り、長期的にお世話になることになりました。

まずは、短期の派遣からでいいので、興味のあることを試してみるのがおすすめですよ!

>>リクナビ派遣で短期のお仕事を探す(公式サイトへ)