【天神】こんな中心地に!?水炊きの名店「新三浦」は天神駅直結でアクセスも便利!

福岡のグルメライターはっしぃ(@hassi1222)です。

福岡のグルメといえば、もつ鍋?とんこつラーメン?

それに追随するのが「水炊き」ですね。今回は天神駅から直結で行け、さらに明治創業という老舗の名店「新三浦」をいうお店をご紹介!

新三浦へのアクセスは?

 

お店ですが、本当に天神のど真ん中にあります。

天神地下街から直結の「天神ビル」へ。

 

天神ビルの地下商店街はグルメ店が並んでいます。夜は意外と空いています。笑

  

「ダイコクドラック」の反対側にあります。迷うことはおそらくないでしょう!

新三浦のメニューは?

 

新三浦へお伺いしたのは夜だったので、今回はディナーメインのお話を。

ディナーは水炊きを付けると、コースしかありません。どれも水炊きはついていますが、
・梅コース(6品)/3400円
・柳コース(8品)/4500円
・芭蕉コース(10品)/5600円

のラインナップ。芭蕉コースなんかは天ぷらも付いていて豪華!

新三浦では「梅コース」をチョイス!

今回は「梅コース」を選びました。メニューは

鶏皮の酢物
ささ身のサラダ
水だき
野菜
スープかけ御飯 または 雑炊
香の物

です。これでも十分な量でした!

前菜でいただける「鶏皮の酢物」。お酢がしっかりきいていて、健康的です。

 

こちらもヘルシーな「ささみのサラダ」。ゴマダレがいい風味です。大根おろしもさっぱりしています。

 

水炊きを食べる前に、机にある美味しい食べ方をチェックしましょう。

 

まずはスープからです。柔らかな優しい味わいのスープがほっこりお腹が温まります。

 

その後は、お出汁にも使ったお肉を食します。ゴロゴロっと大きな鶏もも肉をガブッといきましょう。

 

その後はお野菜へ。鶏の出汁をたっぷり染み込ませてお楽しみください。もつ鍋などこってりした味の一品と違い、さっぱりしながらも、旨味がしっかりきいた味わいです。

 

〆は雑炊。これも美味です。味が薄くなっている場合は塩をふりかけて食べるといいでしょう。

 

料理は以上。これにあわせて日本酒を飲みました!お酒が美味しく進みます。

まとめ

コースしかないという潔さが魅力的な老舗の名店「新三浦」。

友だちが観光に来た~なんて時は案内してあげると喜ばれるかもです。

なかなか食べることがない水炊きですが、冬の寒い時期には特におすすめ!

ヘルシーな食材で、女子も喜ぶこと間違いないので、デートなんかに使うのもいいですね~。

・店名:新三浦 天神店
・TEL:092-721-3272
・営業時間: 11:15~15:00、17:00~21:00
・食べログ:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40000066/

 

るるぶ福岡 博多 天神’17 (るるぶ情報版(国内))
JTBパブリッシング (2016-06-23)
売り上げランキング: 31,601

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。