【糸島】古民家の佇まいにファン多し!「伊都 安蔵里」で健康ランチを堪能

どうも、はっしぃ(@hassi1222)です。

先日糸島に行って来ました!今年はよく糸島に行くなぁ。

行き先は別の場所だったのですが、今日はその道中で立ち寄った「伊都 安蔵里」というお食事処・カフェをご紹介。

名前は以前から知っていたものの、今回たまたま立ち寄ることに。

感想としては

 

 

はっしぃ
最高。

 

 

だったので、詳しくご紹介していきます!

場所は福岡市から車で40分。白糸の滝への途中にあります

車で通っていると、目につく大きな看板。

場所は、福岡市から車え40分の場所。白糸の滝やフォレストアドベンチャーに行く途中にあります。

徒歩ではもちろん行けないですが、その秘境さが人気を集める理由なのかもしれません。

元は醤油の製造所。その奥ゆかしさが残る雰囲気

古民家風の建物ですが、入り口はカフェ側とレストラン・セレクトショップ側の2ヶ所。

元は醤油の製造所だった建物をそのまま利用しているのだとか。

今回はランチが目当てだったので、左側にあるレストラン・セレクトショップ側に入店。

外観して古民家だったので、中がどんな造りになっているか楽しみだなぁ。

レストランはテーブル席と和室が完備

店内に入ると、和室に案内されました。

庭園を望む位置で、めっちゃ和む!

和室以外に、テーブル席も用意されています。

隣に小学校があり、食事中が子どもの楽しそうな声が届いてきました。

なんだこの癒しの空間は。

ランチは野菜たっぷりの御膳や定食が中心

メニューは女性が喜びそうな野菜たっぷりのヘルシーなメニューが豊富。

上記写真の健康御膳(1480円)に加えて、とり天御膳(1580円)。

天然鯛茶漬け御膳(1540円)なども。

他に単品メニューもあったので、子どもなどはその中から選んでも良さそう。

また、お土産セットも販売されていました。お土産にこれも買っておきましょう!

肝心の僕は、「限定10食」というキーワードに惹かれ、天然鯛茶漬け御膳をチョイス!

限定に弱いとか、まるで女子のよう。。。

ヘルシーな天然鯛茶漬け御膳。健康的だし毎日食べたい

御膳の内容は

野菜使った季節の小鉢2種+伊都煮しめ

白ご飯、みそしる、糸島天然鯛と特製だし

まずは、ごまだれにつけ込まれていた新鮮な鯛を白ご飯と合わせていただきます。

写真だけでもめちゃうまそう。

鯛のコリっとした食感から、新鮮さが伝わります。

ゴマだれと白ご飯の相性抜群です。なかなか食べられない一品だなぁ。

ご飯の2杯目は、お茶漬けに!

ただでさえ美味しかったのに、さらにお出汁を加えることで、一層香り高くなります。

なんともランチから豪華なものをいただいてしまった。

これで終わりかと思いきや、なんとデザートも!

季節のデザートということですが、今回は「水ようかん」でした。

写真ではびっくりするほど全く伝わらないですね。。。

味わいはさっぱりしていて、お口直しにピッタリ。

セレクトショップには、糸島産のお土産や野菜がたっぷり

入り口とレストランまでの間にあるセレクトショップには、糸島産の食材や野菜、調味料などがたっぷり。

ただ、ここで買い物するだけに立ち寄っている人も多くいました。

今回はしっかり見る間もなく、次の目的地に行くことになりましたが、次はセレクトショップまでしっかり見たいなぁ。

まとめ-糸島に来た際は、伊都 安蔵里で足休め-

今回は利用できなかったセレクトショップやカフェなど、いつ来ても楽しめる空間になっている伊都 安蔵里。

レストランでランチ、セレクトショップでお土産買い、カフェで休憩など、使い勝手は豊富!

糸島に遊びに来た際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいー!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

福岡への移住におすすめ!博多や天神も徒歩圏内の「祇園」は家賃も住みやすさも抜群

福岡の日本酒好き必見!久留米「城島酒蔵びらき」の行き方や楽しみ方をご紹介

福岡3大祭りのひとつ「放生会」のお楽しみポイントとは!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。