【赤坂】行列必須の「兼虎」。福岡でつけ麺を楽しむならここで決まり!

どうも、福岡グルメブロガーのはっしぃ(@hassi1222)です。

今回は久々に「非豚骨」をご紹介しようじゃありませんか!

ご紹介するのが、以前から目をつけていた「麺や 兼虎」。

福岡のグルメな方々もうなるほどの名店です。

関連記事:これが博多最高峰の本場、関東系つけ麺!!!-めんむすび

関連記事:特濃つけ麺にモアイも虜!?赤坂の巨匠「麺や兼虎」-暇モアイ

連日行列ができるお店でもあるので、これは注目ですねー!

sponsored link

狙いは平日の夜

今回は、平日火曜の夜19時30分に一人で行ってみました。

運良く行列はなく、一人分のスペースが空いていたので、待ち時間なしで入店。

土日、しかもランチ時間は特に並ぶことになります。

並ぶのが嫌な人は平日夜にお伺いすることをおすすめします。

「濃厚つけ麺」と「辛辛つけ麺」が二大巨頭!

どうやらメニュー表的に「濃厚つけ麺(850円)」と「辛辛つけ麺(900円)」の2つがイチオシのよう。

ひとまず濃厚つけ麺(850円)をチョイスしてみました。

他にも辛辛魚ラーメン(850円)や、トッピングとして、味玉、メンマ、海苔なども。

慣れてくると自由にカスタマイズするのもあり。

また、カウンター席には、兼虎ならではのつけ麺の食べ方も詳しく説明されています。

今回は、この順番で味わってみました。

麺は本場関東から取り寄せた太麺

麺は、つけ麺の本場・関東の製麺所より直接仕入れたものだそう。

こだわりが半端ないっ!!

また、つけ麺ですと普通麺(200g)と中盛(300g)を同料金で選ぶことができます。

まずは麺が届いたので、説明通りに、麺だけを食べてみました。

国産小麦で作られており、その豊かな風味が口いっぱいに膨らみます。

もちもちっとした食感もグッドですねー!

普段博多の豚骨ラーメンを食べ慣れている人にとっては、新食感です。

魚介の風味たっぷり!濃厚なつけ汁

つけ汁は豚骨、鶏ガラ、魚介、野菜をミックスしたハイブリットなもの。

さらに、魚粉がたっぷり盛られ、その風味がサーブされた瞬間から漂います。

また、混ぜ合わせてみると、下の方にはゴロゴロっとした豚バラチャーシューも。

すげえ、めっちゃサービス心ある。

先ほどの麺を絡ませ、食べてみると、麺のまろやかな味わいと、コクのある濃厚つけ汁がベストマッチ。

豚骨&鶏ガラと、魚介系の旨味がよく混ざり合っています。つけ麺好きにはたまらんです。

食後はご飯割or鰹出汁を入れてスープ割で

ちなみに余ったスープには、追加でオーダーしたご飯を入れて食べるのも兼虎風。

ご飯が入らないのであれば、卓上にある鰹出汁でスープ割をしましょう。

濃厚なつけ汁を自分好みに薄めて、スープを飲むように最後まで楽しめます。

つけ汁って余ったら残してしまうイメージでしたが、最後まで味わえるのは嬉しいですねー!

まとめ-福岡市でつけ麺なら、兼虎は外せない-

そもそもつけ麺を食べられるお店が少ない福岡。

そんな中、兼虎は本場・関東の味を忠実に再現されている貴重なお店になります。

豚骨ラーメンもいいですが、つけ麺を味わいたくなったら、まずは兼虎に行ってみるをおすすめします。

この記事を読んで一人でも兼虎に足を運んでくれる人が出てきたら、嬉しいなぁ。

・店名:麺や 兼虎
・TEL:092-726-6700
・営業時間:【平日】11時〜15時LO、18時〜22時LOまで、【土日祝】11時〜16時LOまで
・公式HP:麺や 兼虎

 

関連記事

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。