【祇園】「ポークたまごおにぎり本店」で沖縄のソウルフードを満喫!

突然ですがみなさん、「ポーたま」って知っていますか?

沖縄ではソウルフードとして人気で、「ポークたまごおにぎり」の略なんだそう。

そんなポーたまをウリにする一軒が、福岡の祇園に2018年12月に登場!

気になったので、早速行ってみました。

 >>ポークたまごおにぎり本店の店舗詳細はこちら

 

櫛田神社の参道にあるポークたまごおにぎり本店

場所は祇園駅から徒歩3分ほどのところ。櫛田神社の参道の中にある一軒です。

近くには以前このブログで紹介した「ぱん屋のぺったん」もあります。こちらもキュートなパンが目白押しなので、ぜひチェックしてください。

【祇園】かわいいパンがたくさん!「ぱん屋のぺったん」でほっこり気分

2017年3月31日

 

お店の前には「ポーたま」の看板が。

ポークとたまごを豪快に挟んだおにぎりのような一品です。これは美味しそう。。。

店内で作っており、外からも見えるので安心感もあります。

テイクアウト重視のようですが、店内で食べることもできるようになっています。

 

ポークたまごおにぎり本店のメニュー

メニューはこちら。

ポーたま(280円)以外に、あぶらみそ(300円)や高菜(300円)など、具材をプラスすることが可能。

さらにはHAKATA Limitedで、ふくやとコラボした博多めんたま(380円)やアジタル(450円)なども。

その日の好みに合わせて具材を選びましょう。

 

おしゃれな店内でイートインも可能

店内には8人ほど座れるスペースも。

足休めに利用するのもありですね。

今回はランチタイムにお邪魔したのですが、人もたくさんいたため、テイクアウトにしました。

 

限定!博多めんたま(380円)はボリュームも十分

今回頼んだ博多めんたま(380円)。

まるでサンドイッチのご飯バージョンのよう。

具材は、ポークとたまご、それに博多明太子が入っています。一番上には辛子高菜ですね。

どれも単品でもご飯との相性抜群なのに、贅沢に全部のせ。。。

写真だけだとわかりにくいですが、大きさはスマホサイズくらい。おにぎりの大きいサイズぐらいかな。それでも具材が豊富なためボリューム十分。

店内で手作りしているため、ご飯も具材も全て温かい状態で美味。

ポークの旨味がご飯とここまで合うとは。。。ポーたま恐るべし!

ただ、一つデメリットがあるとすると、厚みがある分、食べにくい点ですね。佐世保バーガーと同じです。

テイクアウト用では、紙に包まれて渡されるため、具材は紙の中に落ちるだけなので安心です。ただ歩きながらはちょっと食べるの難しいかな。

 

軽いランチや朝食におすすめのポークたまごおにぎり本店

実はポークたまごおにぎり本店は、朝7時〜営業。そのため朝ごはんに利用することも可能です。

ちなみにお店の上は宿泊施設になっており、1フロア1組(5〜6人まで)で利用も可能。

友達同士で福岡へ来た際は、櫛田神社の目の前に泊まって、朝食にポーたまというのもありですね。