【レビュー】Amazonプライムミュージックの口コミ!使い方や特徴まとめ

Amazonプライムミュージックの口コミTop
Amazonプライムミュージックって何?music unlimitedとの違いってあるの?使い方や口コミが知りたい!

ここではかれこれ5年ほど、Amazonプライムミュージックを使い続けている僕が、使い方や特徴についてお伝えします。

Amazonプライム会員のサービスのひとつですが、使わないともったいないので、ぜひ活用しましょう!

>>無料でAmazonプライムミュージックを30日間試す(公式サイトへ)

Amazonプライムミュージックの特徴と使い方

Amazonプライムミュージックトップ画面

画像:Amazon公式サイト

Amazonプライムミュージックは、Amazonプライム会員向けのサービスになります。

そのため、すでにAmazonプライム会員になっている人は、追加料金なしで利用することが可能です。

Amazonプライム会員のサービスについてはこちらでまとめているので、参考にしてください。

プライム会員は月額500円(年払いだと年間4,900円)なので、リーズナブルに様々なサービスや特典が利用できますよ。

amazonプライム会員Top

Amazonプライム会員の特典まとめ【年会費や退会方法も解説】

2021年10月4日

 

Amazonプライムミュージックの特徴

Amazonプライムミュージックの特徴としては下記の通り。

  • Amazonプライム会員のサービスのひとつ
  • 月額500円(年払いだと年間4,900円)
  • 200万曲が聴き放題(PCやスマホアプリで可能)
  • オフライン再生も可能(事前に曲のダウンロード必要)

 

Amazonプライムミュージックはプライム会員が受けられるサービスのひとつ。

そのため、プライム会員の月額500円(年払いで4,900円)以外は一切費用がかかりません。

邦楽や洋楽を合わせ、およそ200万曲が聴き放題なのも嬉しいですね。

僕自身、お気に入りの曲をダウンロードしておいて、移動中などはオフライン再生で楽しんでいます。

曲と曲の間に広告やCMが流れないのも魅力ポイントです。

Amazonプライムミュージックはもちろん、プライム会員は最初の30日間無料お試しできるので、まずは試しに使って、どんな曲があるかチェックするのがおすすめです。

>>無料でAmazonプライム会員を30日間試す(公式サイトへ)

 

Amazonプライムミュージックの使い方

Amazonプライムミュージックの使い方は下記の通り。

  1. プライム会員になる
  2. プライムmusicで曲を探す
  3. スマホやタブレットのアプリをダウンロードして聴くことも可能

 

それぞれ解説します。

①プライム会員になる

まずはAmazonプライム会員になりましょう。

Amazonプライム会員は、月額500円(年払いで4,900円)でAmazonの様々なサービスが受けられます。

  • お急ぎ便の配達が無料
  • プライムビデオで作品が見放題
  • 対象の本が読み放題のプライムリーディング
  • 写真が保存し放題のプライムフォト など

 

月額500円とは思えないほどのサービスが充実しています。

プライムミュージックもプライム会員のサービスのひとつなので、使うにはプライム会員になる必要があります。

Amazonプライム会員は最初の30日無料お試しで使えるので、気になる人は登録してみましょう。

>>無料でAmazonプライム会員を30日間試す(公式サイトへ)

 

②プライムmusicで曲を探す

プライム会員になったら、試しにPC上で音楽を探してみましょう。

Amazonのトップ画面、左端にある「すベて」をクリック。

Amazonプライムミュージックの登録1

画像:Amazon公式サイト

その後、Amazon musicをクリックしましょう。

Amazonプライムミュージックの登録2

画像:Amazon公式サイト

音楽が聴き放題のメニューの中の「Amazon music prime」をクリックします。

Amazonプライムミュージックの登録3

画像:Amazon公式サイト

プライム会員であれば、下記のような画像が出るので、「今すぐ聴く」をクリック。

Amazonプライムミュージックトップ画面

画像:Amazon公式サイト

あとは検索を使って、曲名やアーティスト名を調べ、対象であれば聴くことができます。

Amazonプライムミュージックの登録4

画像:Amazon公式サイト

Amazonプライムミュージックで聴くことができる楽曲数はおよそ200万曲。

さらに多くの曲を聴きたい人、気になった音楽がない場合は、月額料金がかかりますが7,000万曲以上が楽しめる「Amazon Music Unlimited」もおすすめです。

>>無料でAmazon Music Unlimitedを30日間試す(公式サイトへ)

 

③スマホやタブレットのアプリをダウンロードして聴くことも可能

Amazon Music: 音楽やポッドキャストが聴き放題
Amazon Music: 音楽やポッドキャストが聴き放題
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

 

ちなみにAmazonプライムミュージックはPCだけでなく、スマホやタブレットで聴くことも可能。

ネット環境がある場所で事前にダウンロードしておくと、オフライン再生で楽しむこともできますよ。

移動中に音楽を楽しみたい人は、スマホアプリをインストールし、お気に入りの音楽を事前にダウンロードしておくといいでしょう。

 

Amazonプライムミュージックの口コミまとめ

Amazonプライムミュージックの口コミをTwitterで検索してみました!

 

Amazonプライムミュージックの良い口コミ

 

Amazonプライムミュージックの悪い口コミ

 

Amazonプライムミュージックのメリット

スマホとイヤホン1

僕自身が実際にAmazonプライムミュージックを使って感じたメリットは下記になります。

  • 月額料金が安い
  • オフライン再生が便利

 

月額料金が安い

Amazonプライムミュージックの魅力は、やはりその料金の安さ。

Amazonプライムミュージックのために支払う料金は、月々500円(年払いだと4,900円)のみ。

僕自身、プライム会員の他の特典(お急ぎ便やプライムビデオ)などを期待して登録したため、プライムミュージックは完全についで。

それでもおよそ200万曲が聴き放題なので、移動中などに楽しめているので便利。

Amazonプライムミュージック以外に、Amazonのサービスを多用している人は、プライム会員おすすめです。

 

オフライン再生が便利

ほぼ無料のように使っているAmazonプライムミュージックですが、オフライン再生が対応なのも地味にうれしい。

他の音楽配信サービスの場合、無料で使えるものもありますが、オフライン再生機能は有料版になっているものが多かったです。

オフライン再生できると、外出中にスマホの通信量がかからないので、節約にもつながるんですよね。

>>無料でAmazonプライムミュージックを30日間試す(公式サイトへ)

 

Amazonプライムミュージックのデメリット

スマホとイヤホン3

唯一思ったAmazonプライムミュージックのデメリットが「聴き放題の音楽数が少ない」というもの。

およそ200万曲が聴き放題ですが、好きなアーティストの音楽は全て対象外だったり、流行りの音楽に限って対象外だったりします。

自分が聴きたい曲が聴けなかった場合は、少し残念な気持ちに。(月額500円なので、あまり求めすぎもいけないですが)

曲数が少ないなと思ったり、好きなアーティストの曲をやっぱり聴きたいと思った場合は、Amazon Music Unlimitedを試してみましょう。

Amazon Music Unlimitedの個人プランの場合、プライム会員費に加え、月額780円がかかります。

これまでAmazon Music Unlimitedを使ったことがない場合、30日の無料お試し期間もあるので、試しに使ってみるのもあり。

アプリもそのまま使えるので、使い勝手はプライムミュージックとさほど変わりません。

>>無料でAmazon Music Unlimitedを30日間試す(公式サイトへ)

 

実際にAmazonプライムミュージックを使った感想や口コミ

スマホとイヤホン2

Amazonプライムミュージックを使った感想や口コミのまとめです。

Twitter上の口コミは好評なものが多く、僕自身も実際に使ってみて、満足度は高いです。

  • 月額料金はプライム会員費の月500円(年払いで4,900円)のみ
  • アプリを活用したオフライン再生が便利
  • 聴き放題はおよそ200万曲

 

Amazonプライムミュージックは料金の安さと、オフライン再生が便利な点かなと思います。

プライム会員の他の特典がありながら、音楽が200万曲聴き放題で月額500円は、コスパ良すぎるなと感じています。

プライム会員は、最初の登録から30日間の無料お試し期間があるので、まだプライムミュージックを使っていない人は、キャンペーンを活用してみるといいですよ。

>>無料でAmazonプライムミュージックを30日間試す(公式サイトへ)