博多とりかわ大臣 駅前串房|とりかわ一本99円!焼き鳥も95円で楽しめる人気居酒屋【博多】

どうも、はっしぃです。

先日、友人たちと久々にとりかわ大臣 博多駅前店に。

KITTEの地下にも店舗があるのですが、、連日満席のため、博多駅から歩いて5分ぐらいの駅前店を予約し、行ってみました。

このブログで紹介したことはないので、改めてシェアです。

 

\ネット予約でポイントが貯まる/

とりかわ大臣 駅前串房の場所は?

とりかわ大臣 駅前串房の場所は下記の通り。

 

先ほどご紹介した通り、KITTEの地下にあるほか、駅前串房から徒歩15分のところにもいくつかあります。

 

今回ご紹介する駅前串房を含めると、博多駅を中心に5店舗を展開しています。

混み具合で言うと、KITTE博多串房が圧倒的。

確実に入るのであれば、KITTE博多串房以外のお店を電話予約しましょう。

 

とりかわ大臣 駅前串房のメニューは?

メニューはこちら。

  • 博多とりかわ塩(99円)
  • 博多とりかわタレ(99円)
  • とり身(95円)
  • 豚バラ(95円)
  • ナンコツ(95円)
  • はつ(95円)
  • 砂ずり(95円)
  • ぼんじり(95円)
  • ミンチボール(95円)
  • イカ串(95円) など

 

とりかわは99円で、焼鳥は基本的に95円。なんという安さ。

一品メニューもありますが、いずれも300円以下です。

〆のスープはなんと無料!めっちゃ良心的なお値段でびっくりです。

ドリンク類もリーズナブル。

  • 生ビール(459円)
  • 瓶ビール(459円)
  • ハイボール(349円)
  • 焼酎(249円〜)
  • 日本酒(299円〜)
  • 梅酒(299円)
  • ワイン(349円)
  • ソフトドリンク(199円)

 

ドリンクも安いので、呑んべいにもおすすめです。

 

とりかわ大臣 駅前串房で頼んだもの

頼むものといったら、やはり「とりかわ」。

写真は塩・タレが4本ずつですが、この後追加で10本ずつ頼みました。

キュッとしまったとりかわは、警固にある「かわや」と似ていますね。

カリカリでなく、旨味がぎゅっと詰まったタイプ。ビールによく合います。

焼き鳥には、写真のようにキャベツが付いてくるので、卓上にあるタレをかけていただきましょう。

また、キャベツは店員に声をかければ無料で追加してもらえます。

キャベツととりかわ、ビールだけで永遠にいけますね。

昔ながらの佇まいですが、注文は最新のタッチパネル式。店員さん呼ばなくていいので、効率的です。

とりかわ以外に、豚バラやハツ、砂ずりなど頼んだのですが、どれも美味。

塩かげんもちょうどよく、パクパク止まらなくなります。

 

とりかわ大臣 駅前串房でとりかわ三昧!

焼鳥屋といっても、もはや皮だけで十分楽しめます。

今回は4人でたらふく食べて飲んだのですが、お会計も一人3000円程度とかなりリーズナブル。

福岡はうどんやもつ鍋だけでなく、焼鳥も美味しいので、観光の際はぜひとも試してもらいたいです。