【呉服町】かつて福岡ベストラーメントップ10入りした名店「支那そば 月や」

はっしぃ
どうも、ほっこり系ブロガーのはっしぃ(@hassi1222)です

今回は天神・博多からちょっと離れて「呉服町」へ。

このあたりで有名なラーメン店といえば、バケツで有名な「元気一杯」。

関連記事:【スープから飲む!携帯禁止!撮影禁止!制約厳しいラーメン屋「元気一杯」に行ってみた

今回はそれとは逆方向にある「支那そば 月や」さんへ。

sponsored link

そもそも「支那そば」とは?

通りすがり
支那そばとか中華そばとかよく聞くけど、どう違うの?
はっしぃ
教えてやろう!

支那そば、中華そば、ラーメンの違いは・・・『時代』の違いである

「やっぱりラーメンは中華そばだよな」「支那そばはあっさりした醤油で麺が縮れているものだよ」よくこのような会話を耳にします。確かにその人にとっての「中華そば」「支那そば」はそうなのかもしれません。

「じゃあその違いは何なの?」という質問をよく受ける事があります。その答えは「同じ」なのです。中国の麺料理がラーメンへと変化していったのはご存じだと思いますが、明治初期の頃は「南京そば」と呼ばれていました。「南京」「支那」「中華」というのは全て中国を意味します。いわゆる中国の麺という意味なのです。その後、明治中期ごろは「支那そばや」や「柳麺」「老麺」などと呼ばれるようになり、戦後「支那」という言葉から、「中華」へと変化していったのです。

ラーメントリビアより

時代によって呼び名が変わっていっているのですね。

支那そばは明治中期、戦後には中華そばと名前が変わっていったのだとか。

勉強になります!

呉服町の「支那そば 月や」に行ってみた

そんな情報のなか、月やに行ってみました。

お店の前では堂々とした看板がお待ちかね。

なんだこの存在感は!

白地がいい味出してるなぁ…おしゃれ。

店内はこのような感じ。

奥のほうには居酒屋として利用する方もいました。

「支那そば 月や」のメニューは?

メニューはペラペラとめくるペーパータイプ。

麺のメニュー

一品メニュー

ドリンクメニュー

居酒屋メニューが安くてびっくり。居酒屋としての利用なら穴場ですね。

「支那そば 月や」で頼んだものは?

中華そば(600円)と卵かけご飯セット(+250円)をオーダーしてみました。

まずは卵かけご飯が到着!

鰹節がのっていますね。

卵の黄身もいい色しています。卵がウリのようで、こんな張り紙も。

写真を取っていると支那そばの到着。

白髪ネギ、チャーシュー、メンマ、海苔というシンプルなトッピング。

チャーシューが大きいです!

また、麺も福岡ではなかなかお目にかかれない「平打太麺」。

 

特殊な麺につき、調理時間も長くなります。

博多ラーメンと異なり、替玉もないので最初に大盛にするか、一品を頼みましょう。

特筆すべきはこの透き通ったスープ!

醤油とをベースに、鰹節と魚介の豊かな風味が漂います。

こってり豚骨派には物足りないかもですが、胃もたれするよ~って人はこれくらいがちょうどいいです。

〆におすすめの一軒です!

まとめ

写真ではちょっとわかりにくいですが、なんとこちら「食べログ 福岡ベストラーメン2012」を受賞したお店でした!

すげー!

確かにサイトを見ると10位にランクインしている(当時は東比恵にあったようです)

関連リンク:【福岡 ベストラーメン 2012

なかなか足を運ばない呉服町ですが、実は名店揃いなのですね。

他にも良さげな居酒屋さんや喫茶店があったので、ぜひとも足を運んでご紹介します!


・店名:支那そば 月や
・TEL:092-261-5001
・営業時間:11:00~23:00
・食べログ:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40032348/

 

関連記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。