【中洲】数々の著名人も来店!観光の〆は「ラーメン海鳴」がおすすめ

どうも、サラリーマンブロガーのはっしぃ(@hassi1222)です。

福岡のサラリーマンのみなさんは中洲で飲み会や接待なんてあったりするのではないのでしょうか?

会社の飲み会や接待のあとには、うまいラーメンが一杯食べたくなりますよね?

そんなひとりでうまいラーメンを食べる時間が、至福の時だったりします。

今日は飲み会の〆にふさわしいうまいラーメンが食べられる一軒をご紹介しますよ!

sponsored link

有名人も多数来店!ラーメン海鳴 中洲店

福岡に住んでしばらくするとみんなが知るようになるのが、この「海鳴」というラーメン店。

中洲だけでなく、清川や平尾、博多駅南に系列店があります。

全店舗にある王道メニューはもちろん、それぞれの店舗限定メニューもあり、各店舗の特色を楽しむことができるんです!

今日はそんな中から中洲店に行ってみました(なんせ家の近所なので…)

中洲のドンキホーテの近くですね。また川端商店街からもほど近いです。

王道メニューは「魚介とんこつラーメン」

海鳴の王道メニューは「魚介とんこつラーメン」(720円)。

博多らしい豚骨に、その風味豊かな魚介系の味わいがマージします。

スープを一口飲むだけで、その旨さが痛烈に伝わる一杯。

魚介が加わることで、豚骨の臭みや食べにくさが軽減されます。

「海鳴に初めて来たし、まずは定番の一杯を…」という人はこの魚介とんこつを食べてみましょう。

中洲店独自の一杯「ラーメンジェノバ」もおすすめ

中洲店イチ押しの一杯が、「ラーメンジェノバ」(740円)。

上の写真のように、ベースは豚骨なのですが、何やら緑色掛かっている。。。

これ、パスタなどによく使われる「ジェノベーゼ」が入っているんです。

おかげで、ラーメンの味わいが不思議と洋風に!

豚骨とジェノベーゼって合うんかな?と思う人も多いでしょうが、これが実は相性抜群。

魚介と同様、ジェノベーゼのおかげで、豚骨の臭みがなくなり、さらにその旨みが引き立てられています。

騙されたと思って、一回チャレンジしてもらいたい一杯です!

中洲の夜は海鳴で魚介orジェノバの味を堪能

海鳴は中洲界隈でも行列が出るほどのトップレベルの人気を誇ります。

独自のスープの美味しさはもちろん、チャーシューが一枚ずつあぶられていたりと、その手間ひまかけた一杯が人気の秘密なのでしょう。

福岡民はもちろん、観光で訪れた人にもぜひ一度足を運んでほしい一軒です。

・店名:ラーメン海鳴 中洲店
・TEL:092-281-8278
・営業時間:18:00~翌6:00(日曜休)
・食べログ:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40030701/

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

博多付近で絶品の塩ラーメンなら!中洲や祇園からも近い「麺屋ひとしお」
【新店情報】広島の汁なし担担麺のパイオニア!「くにまつ」が福岡・上川端町にオープン
博多の豚骨ラーメンに飽きた人必見!天神南の「非豚骨エリア」のお店まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。