【渡辺通】海鮮丼が美味い「柳橋食堂」!市場の食堂で新鮮魚を堪能

どうも、グルメなはっしぃです。

福岡は都会といいつつ、少し歩けば昔ながらの風情がある市場があったりします。

今回ご紹介するのが、天神からも歩いていける柳橋連合市場にある「柳橋食堂」という一件。

市場内にある魚屋さんが経営する食堂で、新鮮魚介を堪能できるんです。

>>柳橋食堂の店舗詳細はこちら

 

渡辺通駅から徒歩すぐの柳橋連合市場

およそ100年も続く博多の台所とも言われる柳橋連合市場。

市場内にはおよそ50のお店が軒を連ねます。

特に多いのが鮮魚店。新鮮な魚が店の前にはずらりと並んでいます。

地元の人が買い物に来ているほか、海外の方の姿も多く見られました。観光にも人気になっているようです。

昼間に行っても賑わいを見せているので、歩き回るだけでも楽しいです。

近くにはこのブログで紹介したラーメン店「元気一番」もありますね。

【渡辺通】スープから飲まなくても怒られない?「元気一杯」の姉妹店「博多元気一番」へ

2017年10月6日

 

海鮮丼が食べられる「柳橋食堂」

今回のお目当ては、魚屋さんの新鮮魚がランチで楽しめる「柳橋食堂」。

お店の外観は普通に魚屋さんのよう。一階の売り場で注文し、食堂になっている2階で座って食べることができます。

柳橋食堂のメニューの一部がこちら。

海鮮丼が670円と破格だったり、いくらやウニがのっている豪華な丼も。

どれも味噌汁付きのようです。

また、セットメニューもあり、今回はミニ海鮮丼+あら炊きのついたAセット(750円)にしました。

ミニ丼じゃもの足りないかと思い、普通に海鮮丼にしたので900円になりました。

 

柳橋食堂の海鮮丼

様々な種類の魚が切り身にされて、ご飯にオン!

イカやカンパチ、マグロにサーモンと種類も豊富です。これで単品680円は豪華ですね。

魚はどれも新鮮そのもの。しっかり歯ごたえあるものばかりで、満足度も高いです。

また、あら炊きも登場。

写真ちょっと暗いですが、しっかり味が染み込んでおり、身も柔らかいです。

これはこれで白ご飯と合わせて食べたいところ。

あら炊きの魚は日によって変わるので、楽しみ方も増えます。

 

手頃な値段で海鮮丼を食べるなら柳橋食堂へ

ボリュームもあり、お腹もいっぱいに。

新鮮な魚を使った海鮮丼がこんなにリーズナブルに楽しめるとは思いませんでした。

渡辺通と、観光やショッピングではなかなか足を運ばないエリアにはなりますが、この海鮮丼を求めに行く価値はありますよ。