>>Amazonブラックフライデー開催中!目玉商品をチェック

結婚式費用の支払い方法まとめ【クレカ払いがおすすめ】

結婚式のおすすめ支払い方法top
結婚式のお金ってどうやって払うの?事前に現金を用意しておく必要ってある?

どうも、ブライダル情報誌の制作を行っていたはっしぃです。

結婚式の費用となると、スタイルにもよりますがかなり多額のお金が必要になります。

そんな時に気になるのが、費用の支払い方法。

ここでは結婚式の費用の支払い方法についてお伝えします。

僕がおすすめするのは、ずばりクレジットカード払い。

ただ、結婚式場によってはクレジットカード払いに対応していないところもあるので注意が必要です。

 

\ブラックフライデセール開催中/

結婚式の費用を支払うタイミング

お金

結婚式の支払い方法をお伝えする前に、まずは支払うタイミングを知っておきましょう。

結婚式の費用の支払うタイミングは大きくこちらの3パターン。

  • 前払い
  • 当日払い
  • 後払い

 

それぞれのメリットをお伝えします。

 

前払いで支払うメリット・デメリット

前払いは文字通り、結婚式の前日までに費用を払う方法。

多くの結婚式場が前払いでの支払いを依頼されます。(僕の時も前払いでした)

  • メリット:結婚式中に支払いのことを気にしなくてよい
  • デメリット:全額支払うための貯金が必要

 

前払いに関しては、どちらかというとデメリットの方が大きいかなと思います。

例えば、500万円かかった場合、お祝儀をいただく前に支払うことになるので、一度500万円分を自分たちで用意する必要があります。

もし結婚式のための貯金が0の状態だったら、500万円用意するのはなかなか大変です。

ただ、後ほど説明しますがクレジットカード払いなら、前払いでも実質後払いになるので、全額貯金はする必要がなくなりますよ。

 

当日払いで支払うメリット・デメリット

当日払いの結婚式場もまだまだ多いです。

僕の友人は当日もしくは翌日までの支払いというルールだったよう。

  • メリット:結婚式場とのやりとりが当日で完結する
  • デメリット:時間に追われる

 

メリットとしては結婚式が終わり、支払いまで終えることで、その後結婚式場とのやりとりが発生しなくなる点。

特に遠方に住んでいる場合、何度も式場へ足を運ぶのは少し大変ですよね。

デメリットとしては、式が終わった直後に精算するので、バタバタして時間に追われてしまう点。

結婚式の後に二次会が控えている場合など、時間に全く余裕がなくなります。

当日のふたりのスケジュールに余裕を持たせるのであれば、当日払いは避けた方がいいですね。

 

後払いで支払うメリット・デメリット

最近では後払いでも可能な結婚式場が増えています。

後払い払いの場合、結婚式の翌日や一週間以内というルールが決められている式場が多いです。

  • メリット:いただいたお祝儀を含んで支払いが可能(全額貯金が不要)
  • デメリット:再び結婚式場に行く必要がある場合も

 

後払いはメリットの方が大きいかなと僕は思います。

理由としては前払いと異なり、費用全額分の貯金をする必要がないから。

いただいたお祝儀を支払い費用に充てることができるので、必要な貯金額が少なくなります。

ただ、お祝儀の金額は当日まで正確にわからないので、ある程度は余裕を持って貯金をしておきましょう。

 

結婚式の費用の支払い方法

ここまで結婚式の費用を支払うタイミングを見ていきました。

支払い方法については大きく3つのパターンがあります。

  • 現金で直接
  • ATMで振り込み
  • クレジットカード

 

それぞれのメリット・デメリットをお伝えします。

 

現金で直接で支払う

いまだにあるのが、現金で直接支払うパターン。

  • メリット:金額等の支払いミスがない(その場でチェックされる)
  • デメリット:結婚式場へ高額のお金を持って行く必要がある

 

メリットとしては、その場で支払えるので安心感が高いことかなと。

直接支払いなので振り込み先を間違えることは少なくともありません。

ただし、高額のお金を抱えて、結婚式場へ行く必要があるので少し怖いです。

 

ATMで振り込む

ATMで指定の銀行振り込みでの支払いパターンもあります。

  • メリット:式場へ行く必要がない
  • デメリット:ATM手数料がかかってしまう

 

ATMでの銀行振り込みの場合、結婚式場へ支払いのために出向く必要はありません。

手間は省けるものの、振り込み時に手数料がかかってしまうのは大きなデメリット。

特に金額が多いと、それだけかかる手数料は多くなります。

 

クレジットカードで払う

クレジットカード払いができる結婚式場も、増えてきています。

  • メリット:ポイントやマイルが貯まる、実質後払いにできる
  • デメリット:対応している結婚式場がまだ少ない

 

デメリットとしては対応している結婚式場がまだ少ない点。

僕の周りの友人でも「クレジットカードが使えなかった」というカップルが結構います。

一方で使える場合のメリットは大きいです。

ひとつ目はカードによってポイントやマイルが貯まる点。

高額になればなるほど、付与されるポイントも大きくなりますね。

また、前払いの場合でもクレジットカードで払っておくと、実際の支払い(引き落とし)は結婚式の後になります。

そのため、いただいたお祝儀を支払いに充てることになるため、実質後払いになりますね。

 

おすすめはクレジットカード払い

僕自身がおすすめするのは、やはりクレジットカード払い。

ポイントやマイルが貯まるのはもちろん、振り込みと異なりカップル側に手数料もかからないのも嬉しいです。

注意点としては、クレジットカードの上限金額をあらかじめアップさせておく必要があること。

これまでに支払いの遅延等がなければ、結婚式を理由にすると、一時的に上限を上げてくれますよ。

 

式場によっては現金か振り込みしかできないことも

ちなみに結婚式場によってはクレジットカード払いができず、現金での支払いか振り込みしか対応してもらえない場合も。

支払いの直前にわかってしまうとガッカリしてしまうので、支払い方法についてはブライダルフェアに参加した際に確認しましょう。

ブライダルフェアのキャンペーンTop

 

僕はクレジットカードで払って、マイルを貯めて新婚旅行に2回行きました

ANAカード

ちなみに僕はヒルトン福岡シーホークで結婚式を実施しましたが、ホテルが外資系ということもあり、すんなりカード払いができました。

当時はメインカードが「ANAカード」だったため、支払いで多くのマイルが付与されました。

新婚旅行はANA系列のスターアライアンス系の飛行機を使い、結婚式の支払い+新婚旅行で貯まったマイルで再び海外旅行に行くことができました。

支払い方法ひとつ変えることで、マイルで旅行1回分は貯まるので、結構重要かなと思います。

 

結婚式の費用は可能ならクレジットカードでお得に払おう

楽天カードと楽天ゴールドカード

結婚式費用のおすすめの支払い方法を解説してきました。

  • 費用の支払いは前払い・当日払い・後払いの3つ
  • 支払い方法でおすすめはクレジットカード払い
  • 前払いでも実質後払いにでき、ポイントやマイルが付与されるから

 

多額の支払いになる結婚式の費用。

できれば支払いはクレジットカードにして、多くのマイルやポイントを貯めたいですね。

僕はたまたまANAカードで支払いマイルを貯めましたが、貯めるのは必ずしもマイルでなくても大丈夫です。

普段使ったり貯めたりしているポイントがあれば、そちらが貯まるクレジットカードを使いましょう。

もし、これからクレジットカードを作る人は下記でおすすめのカードを紹介しているのでぜひご覧ください。

できるだけポイントやマイルをもらって、お得に結婚式費用を支払いましょう。

クレジットカードまとめtop